静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

ニュース&トピックス

最新の記事一覧

肌寒い風が吹き、冬真っ盛り!

しかし、こんな季節になってもまだノミの駆除剤は続けたほうがよいこ
とをご存知でしょうか?

まずは冬季のノミに関するクイズです。
温度が10度以下になるとほとんどのノミは死滅する。

〇か×か??

答えはお知らせの一番最後にあります。
確かに、寒くなればノミの成虫の数は減り、ノミがついている!と言っ
て来院される方は少なくなります。

しかし、温度が下がったからといってノミはすぐに死んでしまうわけで
はありませんし、ノミはその生活のほとんどをペットの体ではない場所
で過ごしますから、もし室内にノミがいれば暖房の効いた常に温かな環
境で過ごすことが可能です。

ですから一旦室内に入り込んだノミはたとえ真冬でも今までと同じよう
に成長し続け、ペットの血を吸う成虫になることができるのです。

ノミによる病害はたとえ1匹の寄生でも現れます。特にノミアレルギー
を持つペットは強い痒みや皮膚炎、脱毛などの症状が見られることがあ
るので、油断はできません。

ノミアレルギーによる皮膚炎はノミを1匹残らず駆除しなければ治りません。

まだまだノミの予防、続けていただきたいと思います

ノミの駆除剤については当院にご相談ください。
クイズの答え
正解:×
ノミの成虫は10度以下の状態が続くと多くは死亡しますが、卵やサナギの
多くは生存し続けます。

ノミは成育するのに適した温度は15度以上と言われますが、それ以下の
温度の時でも卵や蛹のまま、環境が良くなるのを一年以上もじっと待つ
ことができます。

ですから、部屋を寒くしたからと言ってノミが全くいなくなるわけでは
ないんですね。
今後もペットオーナー様とペットの快適な生活に役立つような情報をお
届けしていきたいと思います。
どんな事でも何か不安なことがあればお気軽にご相談ください

最新の記事一覧

あけましておめでとうございます

年末年始、いかがお過ごしでしたでしょうか?

わんちゃんと初詣

ねこちゃんとこたつでぬくぬく

冬の楽しみ方っていろいろありますね

 

1月7日より通常診察がスタートしております

img_1623

最新の記事一覧

猫ちゃんは、気温が下がってくるとこたつや陽だまりで丸くなって寝ていることが多くなってくると思います。
運動量が減り、お水を飲む量が減ることによって起こりやすくなる病気があります。

それは、膀胱炎や尿石症です

猫の下部尿路疾患(FLUTD)と言われています

 

 

冬の間は特におしっこの様子に注意して観察することをお勧めします

以下の事に思い当たる方は少し注意しましょう。

・おしっこがピンク色、または赤色になっている。
・いつもより色が濃い、または薄い。
・おしっこがにごっている。
・トイレに行く回数が多い。
・おしっこがなかなか出ない。
・トイレ以外でおしっこをしてしまう。
・水を飲む量やおしっこの量が多くなった。
・落ち着きがない。
・食欲、元気がない。

このような場合は、長期間放置せず、早めに動物病院へ相談ください

正常な尿は透明でやや黄色っぽく、多少のアンモニア臭がある程度です

 

ちなみに10月頃の家のニャンコのおしっこ。。。

unnamed

即日受診し、尿検査をしてお薬を処方してもらいました

お食事もおしっこ用の療法食を食べています。

 

ここで、療法食のお話

 

 

先週、院内セミナーで紹介されたフード。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-4

 

 

おしっこトラブル+肥満の子に最適なフード

塩分も控えめです!

(塩分の高いフードは高齢猫ちゃんの8割が罹ると言われている腎不全の足を引っ張る事に

 

こちらのお食事おしっこトラブルの無い元気な猫ちゃんのお食事としてもGOOD

 

 

猫ちゃんのおしっこ用の療法食はいろいろなメーカーから出ています。

結石の種類や、肥満度、年齢、味の好みなど。。。

それぞれに合った食事を選ぶことができます

フード選びのご相談はお気軽に

 

 

 

最新の記事一覧

年末・年始の診療時間のお知らせをいたします。

2016年12月31日(土)午後~2017年1月6日(金)までを休診日とさせていた
だきます。

2017年1月7日(土)より通常診察いたしますので、よろしくお願
いいたします。

急患にかぎり1月3・4日の10:00~12:00に診察を行います。

 

年末年始はメーカーがお休みになるのでご希望の商品がご用意できない事がございます。

お薬やフード等余裕も持ってご注文ください

 

前のブログでもお知らせしたように、フードの販売方法が変わりました

分からない事はお気軽にスタッフまで

 

pp002_m

 

最新の記事一覧

こんにちは。

獣医師の竹田です。

今回は、自壊した体表部の腫瘍の緩和的な治療として、モーズ軟膏を紹介したいと思います。

参考文献:「体表の自壊した腫瘤に対するMohs ペーストの有用性」

 

一般的に、体表部にできた腫瘍の第一選択となる治療は、外科切除です。

しかし、外科切除によるメリット(即座に腫瘍組織を最大限摘出できるなど)、デメリット(麻酔が必要、侵襲性がある、一時的なQOLの低下など)を考えると、中にはデメリットが上回ってしまう症例もいます。

そういう場合に良いとされる緩和的な治療方法が、モーズ軟膏です。

 

モーズ軟膏は、1930年代にアメリカの外科医モーズが考案し、皮膚がんなどを化学的に固定して腫瘍からの出血、感染、悪臭や疼痛などを抑制し、末期患者のQOLの改善を目的として応用されています。

 

モーズ軟膏の作成に必要な材料

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-26-19-53-22

方法

まずモーズ軟膏を作成します。

患部を洗浄し、自壊した部分以外の正常な皮膚にワセリンなどを塗布します。

自壊した部分を覆うようにモーズ軟膏を塗布し、10分程度放置した後、ガーゼで拭き取り、洗浄して処置が終わります。

 

ここで症例をご紹介します。

プロフィール:ミニチュア・ダックス、17歳、避妊メス(避妊手術は11歳時

img_1218

 

主訴:左第2乳腺に、増大傾向を示し、底部固着、自壊した乳腺腫瘍を認め、来院。

仮診断:おそらく高悪性度の乳腺腫瘍

治療方針:モーズ軟膏塗布による緩和的治療

 

img_1202

処置前

 

img_1199img_1207

モーズ軟膏塗布

 

img_1217

処置後

 

自壊し、感染、出血があった部分は、モーズ軟膏により固定され、抑えられているのがわかります。

もう少し若く、元気があれば外科切除が第一に選択されますが、老齢で、積極的な腫瘍組織の外科切除によって予後がさほど延長しないと予測される場合には、安価で容易に行えるモーズ軟膏は患者にとっても飼い主にとっても非常に良い選択肢であると思います。

今後は、寿命を全うするまでモーズ軟膏を定期的に塗布し、QOLを改善することが重要です。

 

余談ですが、犬や猫において、乳腺腫瘍は、若齢時に避妊手術を行うことで発生リスクが抑制されることが報告されています。

✳︎犬の避妊手術のタイミングと乳腺腫瘍発生率の抑制

1回目の発情前の避妊手術 0.05%

2回目の発情前の避妊手術 8%

3回目の発情前の避妊手術 26%

3回目の発情以降の避妊手術 抑制効果なし       Brody RS JAVMA 1983

 

当院では、新しく子犬、子猫を迎え入れた方に、子供を産ませない場合、不妊手術をお勧めしております。

疑問点などあれば、パピーパーティや診察時にお聞き下さい。