News症例紹介院長のブログ

2020.05.27

慢性皮膚炎が膨らんできた?〜イヌの皮膚型リンパ腫〜

犬の皮膚型リンパ腫について

犬のリンパ腫は発生する部位によって多中心型、消化器型、皮膚型に分けられます。

皮膚型リンパ腫は、初めは皮膚炎に見えますが、慢性化し、

全身の結節や潰瘍性病変となります。

増殖する細胞の種類によってT細胞型リンパ腫とB細胞型リンパ腫に分けられ、T細胞型の予後は悪いと考えられています。

人の医学にならってT細胞型の上皮向性リンパ腫を「菌状息肉腫」と呼びます

この病気が口腔粘膜に発生した場合は長期間、局所にとどまることもありますが、いずれは全身に進行する可能性があります。

 

犬の皮膚型リンパ腫の診断

まず愛犬の全身状態をみるのに身体一般検査が必要です。

それには血液検査やレントゲン検査や針生検が含まれます。

その後の流れは以下のとおりです。

  1.  まず悪性かどうかを調べるために、腫瘍の一部を病理学検査に提出します。
  2.   病理検査ではリンパ腫の確定と、免疫染色(T/Bの鑑別)を行います。
  3.  診断が出ない場合には病理検査を繰り返すか、遺伝子検査を併用します。

菌状息肉腫の臨床ステージでは次のように分類されます。

 1. 前息肉腫期(紅斑症):皮膚の湿疹、紅斑、脱毛、粘膜皮膚移行部、口腔内の病変。

 2. 息肉腫期(局面期):皮膚の硬く厚い隆起「プラーク(局面)」が特徴。

 3. 腫瘍期:皮膚の増殖性結節が特徴で潰瘍を伴う。

 4. 内臓浸潤期:内臓に浸潤して症状が現れる。

 

犬の皮膚型リンパ腫の治療

皮膚型リンパ腫の治療には外科手術、放射線治療、化学療法があります。

また、様々な「第4の治療」があり、どの治療を行うかは腫瘍の種類や広がりかたによって決めます。

 治療オプション

    1. 孤立性の場合:部位によっては外科療法や放射線療法で長期管理も報告されています。
    2. 多発性の場合:化学療法で長期寛解がいくつか報告。化学療法はCOHP、L-CCNU、ACNU、分子標的薬などが報告されています。
    3. レチノイド:長期服用が必要。10ヵ月前後の寛解が得られたとの報告があります。
    4. その他:インターフェロン療法など

犬の皮膚型リンパ腫の予後

    1. 犬のリンパ腫が完治するのは全体の10%未満とされている。
    2. T細胞型リンパ腫の予後は悪いとされている。ただし、高分化型の場合は長期予後が期待できる。
    3. 菌状側肉腫は進行経過が長い場合があり、それぞれの治療反応は短期間で再発を繰り返すことが多いことが知られている。
    4. 口腔粘膜病変は皮膚病変に比較して、予後が良いと報告されている。

症例紹介

Dちゃんは、2歳のフレンチブルドッグ、男の子

半年前から皮膚の赤みとかゆみがあり、最近膨らんできた。

切除生検を行なったところ、リンパ腫と診断されました。

 

 

まだ若くて可愛い盛りの難病発症、飼い主さんの辛い気持ちは大変なものでした。

本来は化学療法が望ましいところですが、

飼い主様は積極的な化学療法を望まれず、内服薬のレチノイド剤で治療開始しました。

 

 

8ヶ月経ったところです、全身に広がってきました。

それでも本人はいたって元気だったのですが、

 

診断から11ヶ月後、内臓への転移が見つかり体調を崩してしまいました。

その後は残念な結果となりましたが、、

何もわからないまま皮膚炎の治療を続けていればここまで元気に過ごすことはできなかったでしょう。

少なくともしっかりと診断をできた事で、

飼い主様との最期の時間を納得して治療に専念できたことと思います。

また今回本ブログを執筆するに当たり、飼い主様にはお辛い中
ブログ掲載の許可を頂いた事、改めて万謝いたします

 

 

リンパ腫の治療など、犬猫の病気の治療をどうすれば良いか分からない場合は、いつでもご相談ください。
かかりつけ病院をお探しの方、近郊であれば下記リンクをご覧いただき、問診フォームからお問合せ、ご予約をお願いいたします。すでに他の病院にかかられている方でも、どのように治療を進めていけば良いかのアドバイスやセカンドオピニオンなど、お役に立てるかもしれません。

 

 

 

 

トータルペットケアセンターグループでは、一緒に働いてくれる仲間を募集しています!

詳しくはこちら   ☞ クリックしてね  😀

 

この記事を書いたひと

アバター

浜松家畜病院

静岡県浜松市の動物病院です。診療対象動物は、犬、猫、ウサギ、ハムスター、フェレットなど。総合診察、予防接種 からがん・アレルギーなどの専門医療、食事や健康管理相談、しつけ相談まで幅広く対応しています。

この記事を書いたひと

アバター

武信

浜松家畜病院院長

飼っている動物:大型犬2匹、小型犬2匹
趣味:音楽鑑賞・キャンプ
性格:まとめ上手

【メッセージ】
子供の時から動物好き、獣医師である祖父に憧れて、今に至ります。
はじめて担当した患者さんがガンで悩んでいたことから、腫瘍専門の獣医師に。
動物の病気に悩んだ時は、気軽に相談してください、一緒に考えます。

監修

武信行紀(たけのぶゆきのり)浜松家畜病院院長

武信行紀(たけのぶゆきのり)

治療方針:恩師の言葉である「慈愛理知」(慈しみと愛をもって動物と飼い主に接し、理論と最新の知識をもって診療に当たる)を胸に、人と動物の絆に貢献します。

経歴:

  • 鳥取県鳥取市出身
  • 1999年 麻布大学獣医学科卒業
  • 2005~2009年 麻布大学腫瘍科レジデント(サブチーフを務める)
  • 2013年 獣医腫瘍科認定医1種取得
  • 2014年 日本獣医がん学会理事就任現在に至る

所属学会・研修:

  • 日本獣医がん学会
  • 獣医麻酔外科学会
  • 獣医整形外科AOprinciplesCorse研修課程終了
  • RECOVER BLS&ALS 研修課程終了

主な執筆・学会発表

  • 2003年~2007年 「犬の健康管理」 ANIMAL WORLD連載
  • 2005年 「拡大乳腺切除および補助的化学療法により,良好な経過が得られた猫乳腺癌の1例.」(第26回動物臨床医学会年次大会)
  • 2006年 「血管周皮腫の臨床的研究」(第27回動物臨床医学会年次大会)
  • 2008年 「外科切除および放射線治療を行った高分化型線維肉腫の2例」(第27回日本獣医がん研究会, JONCOL2008/No.5)
  • 2009年 「特集:血管周皮腫」 (InfoVets 2008/8月号)
  • 2010年 『小動物臨床腫瘍学の実際』 翻訳参加 (Withrow & MacEwen's Small Animal Clinical Oncology 4th ed.)
  • 2010年 「外科切除を行い良好な経過が得られた乳頭状扁平上皮癌の1例」(第30回獣医麻酔外科学会)
  • 2010年 「肝破裂による血腹が見られた猫の肝アミロイド―シスの一例」(第19回中部小動物臨床研究会)
RECRUITトータルペットケアセンター採用情報スタッフ募集中

MESSAGE FROM THE OWNER

INQUIRY FORM

この「問診フォーム」は簡易的な問診です。実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。

Googleフォームから問診を送る

お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。
定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。
予めご了承くださいませ。営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く)
お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。転載、二次利用することはご遠慮ください。
浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。
reCAPTCHA で保護されています。プライバシーポリシー/利用規約

[休診] 日・祝祭日

学会参加などで、臨時休診する場合があります。
獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

[休診日の診察]

グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

ドッグギャラリークリニックについて

専門医療診察は一部予約制になります。
前もってお電話でご予約下さい。

浜松市近郊で犬・猫のがん治療を中心とした外科治療は浜松家畜病院へ

浜松家畜病院(はままつかちくびょういん)
浜松家畜病院 診断書診療一覧
お電話でお問合せ