静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

News

最新の記事一覧

 

『 トイプードル 』 の 仔犬が産れました

 

008

 

2017年 2月 13日 生まれ の元気な男の子

 

とてもかわいい白のプードルちゃんです

 

 

 

続いて 『 ミニチュアシュナウザー 』 の 仔犬ちゃんたち

 

007

 

なんと 2017年 3月 3日 ひな祭り 生まれ

 

男の子 3頭  女の子 3頭

 

みんなの成長がとても楽しみです

 

興味のある方は お気軽にお問合せ下さい

最新の記事一覧

 

2017年1月30日生まれの トイ・プードル仔犬ちゃんたち

 

 

ごはんをモリモリ食べて、 こんなに大きくなりました

 

 

 

 

 

 

016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男の子が 3頭  女の子が 2頭

 

 

 

3月中旬には 巣立つ予定です

 

 

 

興味のある方は お気軽に お問合せ下さい

 

 

 

※仔犬に会いたい方は予約が必要です。

最新の記事一覧

浜松家畜病院では


3月21日(火)、22日(水)は獣医師の武信が不在となります。

そのため獣医師の永友夫妻の診察となります。



3月23日(木)午前中と3月26日(日)は臨時休診とさせていただきます。

 


皆様にはご迷惑をおかけしますが何卒ご了承ください。


今後もペットオーナー様とペットの快適な生活に役立つような情報をお
届けしていきたいと思います。
どんな事でも何か不安なことがあればお気軽にご相談ください。

最新の記事一覧

2017.2.20

口のできもの

こんにちは。獣医師の竹田です。

今回は、口にできものができた犬の症例について紹介したいと思います。

 

症例:Mix、7歳、去勢オス

IMG_2079

 

主訴:下顎先端にできものができ、一ヶ月間で大きくなってきた

IMG_2081 IMG_2082

 

X線検査:局所の明らかな骨融解像は、認められず

late SKULL GEN.DOC W16

 

細胞診:細胞集塊は採取されず

 

治療方針を決定するため、麻酔下で一部切除生検を実施

 

病理組織診断:棘細胞エナメル上皮腫(歯肉に発生する歯原性上皮由来の腫瘍で、転移はしないが、局所の骨組織に浸潤するため、場合によっては一部顎骨の切除も必要となる)

 

治療:外科切除(下顎切歯レベルの腫瘍の辺縁切除と底部骨組織の搔爬)

ちなみに放射線感受性が高いため、放射線治療も有効ですが、高価であることと遠出が必要です。

IMG_2086

 

術前

IMG_2084

術後

IMG_2087

 

切歯は無くなりましたが、外貌の変化はほとんどなく、また局所麻酔も使っているため、術後は何事もなかったかのように綺麗な顔で退院しました。

IMG_2249

 

以上、外科治療が有効な腫瘍のお話でした。

最新の記事一覧

 

『 トイプードル 』 の 元気な仔犬が産れました

 

 

 

これからの成長が楽しみです

 

 

 

 

 

005

 

 

 

 

 

 

 

2017年 1月 30日 生まれ

 

 

 

男の子 3 頭

 

 

女の子 2 頭

 

 

興味のある方は お気軽にお問合せ下さい