News院長のブログ

2022.06.14

完璧なうんちとは?
イヌのウンチチェックのすすめ

うんちチェックとは?

私たち人間と同じように、イヌたちも個々にトイレの習慣が違います。 イヌを飼い始めたら、すぐにウンチのチェックを始めましょう。 あなたの大好きなパートナーの体と心を知るための第一歩です。  

いつも同じであること

ウンチの始末をするとき、中身を見ずにビニール袋に包んでしまっていませんか? 毎日おなじウンチが出ているか、チェックすることが大事です。 健康な犬のうんちは小さめで、湿っていて、拾ったときに形が崩れないこと。 動物の体格と食べる量によってウンチのサイズが決まります。ウンチの異常の多くがフードの問題です。 もちろん新しいフードに変える途中には、一時的に便が変化するので、1〜2週間は様子を見ましょう。 そのような理由もなく、以下の変化が現れた場合は要注意です。 ポイントは質感・大きさ・回数・形・色です。

質感について

・ウンチが水っぽい場合、寄生虫や消化不良の可能性があります。子犬であれば、変なものを盗み食いしていませんか? ・ウンチが硬くて乾燥していたら、脱水症状や便秘に苦しんでいるかもしれません。

大きさについて

・いつものウンチよりも大きいとき、食べ物が消化されておらず、必要な栄養が吸収されてません ・いつもより小さすぎるウンチは、病気や腸の閉塞による食欲不振かもしれません。

回数について

・一般的には小さな子犬ほど便の回数は多く、成長に伴って一日1〜2回に減っていきます。 ・いつもより回数が多い場合、食べ過ぎか、消化に問題があります。

形について

・犬のウンチは丸太のような形です、拾ったときに形がくずれません。 ・小石のようなポロポロウンチは脱水症状や腰痛・関節痛の可能性(踏ん張ることができない)があります。

色について

・緑 :草の食べ過ぎでなければ、胆嚢疾患の可能性があります。子犬であれば寄生虫やストレス性腸炎の可能性があります。 ・オレンジ/黄色:これは肝臓や膵臓の病気である可能性があります。 ・赤 :赤いゼリーが付着している場合は、大腸炎などで出血しています。肛門の近くの傷が原因のこともあります。 ・黒くタール状:これは危険です、胃や小腸の出血の兆候である可能性があります。 ・白〜グレー:脂っぽい場合は、膵臓や胆汁の異常かもしれません。 ・白い斑点 :白ゴマのようなツブツブは、サナダムシの可能性があります。 ・真っ白:カルシウムやミネラルの過剰で、生の食事や骨をかじった後に観察されます。 1. 小さなコロコロウンチは軽い便秘の可能性があります。 2. 真っ黒タール便や血便は胃腸の出血があります。 3. 形はいいけど、いつもより大きすぎるウンチも、消化不良の可能性があります。 4.シャーシャーの水様便は寄生虫や消化異常です。 5. ソーセージ状で、小さめのウンチがちょうど良いウンチです!    

犬のうんちを改善する方法

うんちの変化は主に、食事に影響を受けています。 上記のような異常が続いているなら、食事の与え方を変更しましょう。 ①まずは、消化の良いフードを探すことから始めましょう。 便が柔らかく、脂っぽい場合は低脂肪・高吸収の食事が良いでしょう。 気の利いたドッグ(キャット)フードには消化し易い繊維やプレ・プロバイオティクス*が含まれています。 *プロバイオティクスは生きた細菌(ビフィズス菌のような)で、プレバイオティクスはそれらの餌になる成分(オリゴ糖やビートパルプ)です。 ②フードの量を確認しましょう。 それぞれの犬(猫)にとって、適切な食事の量は異なります。 製品説明の表に記載してある一日給与量を参考にして、運動量・体格・犬種に応じて変更します。 ③食事の時間を幸せにする 多くの犬は食事や運動でストレスを発散します。 食事の時間が幸せであれば、心も体調も整うでしょう。ただし、栄養過多には注意しましょう。 もし太り過ぎてしまうと、寝てばかりいるようになります。 足への負担も増えますので、関節炎が悪化して運動が苦痛になってしまいます。 運動しないと腸の動きが悪くなり、食事の吸収が落ちる、、、、と悪循環です。  

新しいフードに変える方法

新しいフードに変える場合は、ゆっくり行ってください。 大人は1〜2週間、子犬はさらにゆっくり時間をかける必要があります。 この期間には、一時的にウンチの変化が見られますが、お腹が慣れるにつれて治っていきます。 ぜひ、お気に入りの質の良いフードを探し当てて、愛犬(猫)のパーフェクト・ウンチを手に入れましょう。

 

 

犬猫の病気の治療をどうすれば良いか分からない場合は、いつでもご相談ください。

いつまで経っても、下痢が治らない
そういえば最近体重が減っているかも・・・・
血便が出るようになった???

等々、何か異変を感じた場合は、当院までご相談下さい!!!

ご心配なことがある方は、ここをクリック

かかりつけ病院をお探しの方、近郊であれば下記リンクをご覧いただき、
問診フォームからお問合せ、ご予約をお願いいたします。
LINE@からお気軽に相談も受け付けています。

すでに他の病院にかかられている方でも、どのように治療を進めていけば良いかのアドバイスやセカンドオピニオンなど、お役に立てるかもしれません。

トータルペットケアセンターグループでは、一緒に働いてくれる仲間を募集しています!

詳しくはこちら   ☞ クリックしてね  😀

この記事を書いたひと

アバター

武信

浜松家畜病院院長

飼っている動物:大型犬2匹、小型犬2匹
趣味:音楽鑑賞・キャンプ
性格:まとめ上手

【メッセージ】
子供の時から動物好き、獣医師である祖父に憧れて、今に至ります。
はじめて担当した患者さんがガンで悩んでいたことから、腫瘍専門の獣医師に。
動物の病気に悩んだ時は、気軽に相談してください、一緒に考えます。

このブログの監修

武信行紀(たけのぶゆきのり)浜松家畜病院院長

武信行紀(たけのぶゆきのり)

治療方針:恩師の言葉である「慈愛理知」(慈しみと愛をもって動物と飼い主に接し、理論と最新の知識をもって診療に当たる)を胸に、人と動物の絆に貢献します。

経歴:

  • 鳥取県鳥取市出身
  • 1999年 麻布大学獣医学科卒業
  • 2005~2009年 麻布大学腫瘍科レジデント(サブチーフを務める)
  • 2013年 獣医腫瘍科認定医1種取得
  • 2014年 日本獣医がん学会理事就任現在に至る

所属学会・研修:

  • 日本獣医がん学会
  • 獣医麻酔外科学会
  • 獣医整形外科AOprinciplesCorse研修課程終了
  • RECOVER BLS&ALS 研修課程終了

主な執筆・学会発表

  • 2003年~2007年 「犬の健康管理」 ANIMAL WORLD連載
  • 2005年 「拡大乳腺切除および補助的化学療法により,良好な経過が得られた猫乳腺癌の1例.」(第26回動物臨床医学会年次大会)
  • 2006年 「血管周皮腫の臨床的研究」(第27回動物臨床医学会年次大会)
  • 2008年 「外科切除および放射線治療を行った高分化型線維肉腫の2例」(第27回日本獣医がん研究会, JONCOL2008/No.5)
  • 2009年 「特集:血管周皮腫」 (InfoVets 2008/8月号)
  • 2010年 『小動物臨床腫瘍学の実際』 翻訳参加 (Withrow & MacEwen's Small Animal Clinical Oncology 4th ed.)
  • 2010年 「外科切除を行い良好な経過が得られた乳頭状扁平上皮癌の1例」(第30回獣医麻酔外科学会)
  • 2010年 「肝破裂による血腹が見られた猫の肝アミロイド―シスの一例」(第19回中部小動物臨床研究会)
RECRUITトータルペットケアセンター採用情報スタッフ募集中

MESSAGE FROM THE OWNER

INQUIRY FORM

この「問診フォーム」は簡易的な問診です。実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。

Googleフォームから問診を送る

お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。
定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。
予めご了承くださいませ。営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く)
お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。転載、二次利用することはご遠慮ください。
浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。
reCAPTCHA で保護されています。プライバシーポリシー/利用規約

[休診] 日・祝祭日

学会参加などで、臨時休診する場合があります。
獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

[休診日の診察]

グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

ドッグギャラリークリニックについて

専門医療診察は一部予約制になります。
前もってお電話でご予約下さい。

浜松市中区のがん治療を中心とした外科治療・健康診断・予防接種は浜松家畜病院で

浜松家畜病院(はままつかちくびょういん)
浜松家畜病院 診断書診療一覧
お電話でお問合せ