News症例紹介

2017.02.20

口のできもの

こんにちは。獣医師の竹田です。

今回は、口にできものができた犬の症例について紹介したいと思います。

 

症例:Mix、7歳、去勢オス

IMG_2079

 

主訴:下顎先端にできものができ、一ヶ月間で大きくなってきた

IMG_2081 IMG_2082

 

X線検査:局所の明らかな骨融解像は、認められず

late SKULL GEN.DOC W16

 

細胞診:細胞集塊は採取されず

 

治療方針を決定するため、麻酔下で一部切除生検を実施

 

病理組織診断:棘細胞エナメル上皮腫(歯肉に発生する歯原性上皮由来の腫瘍で、転移はしないが、局所の骨組織に浸潤するため、場合によっては一部顎骨の切除も必要となる)

 

治療:外科切除(下顎切歯レベルの腫瘍の辺縁切除と底部骨組織の搔爬)

ちなみに放射線感受性が高いため、放射線治療も有効ですが、高価であることと遠出が必要です。

IMG_2086

 

術前

IMG_2084

術後

IMG_2087

 

切歯は無くなりましたが、外貌の変化はほとんどなく、また局所麻酔も使っているため、術後は何事もなかったかのように綺麗な顔で退院しました。

IMG_2249

 

以上、外科治療が有効な腫瘍のお話でした。

RECRUITトータルペットケアセンター採用情報スタッフ募集中

MESSAGE FROM THE OWNER

INQUIRY FORM

この「問診フォーム」は簡易的な問診です。実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。

お問い合わせ内容必須

お問い合わせメッセージ任意

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。
定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。
予めご了承くださいませ。営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く)
お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。転載、二次利用することはご遠慮ください。
浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。
reCAPTCHA で保護されています。プライバシーポリシー/利用規約

[休診] 日・祝祭日

学会参加などで、臨時休診する場合があります。
獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

[休診日の診察]

グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

ドッグギャラリークリニックについて

専門医療診察は一部予約制になります。
前もってお電話でご予約下さい。

浜松市近郊で犬・猫のがん治療を中心とした外科治療は浜松家畜病院へ

浜松家畜病院(はままつかちくびょういん)
浜松家畜病院 診断書診療一覧
お電話でお問合せ