トレーニング動物介在活動

2013.03.02

アニマルセラピーとは・・・

sunこんにちはsun

 

みなさん動物介在介入という言葉はご存知でしょうか・・・?

簡単に言うと「アニマルセラピー」というものです。

みなさんもテレビなどで聞いたことある方もいるのではないでしょうか・・☆

 

アニマルセラピーという言葉日本で作られた造語らしいのですが、正式には動物介在介入といいますdog

動物介在介入とは文字の通り動物を介入させておこなう活動のことを言います。

この中でさらに実施する活動の目的や内容に応じて

① 動物介在活動

② 動物介在教育

③ 動物介在療法  の3つに分類されています!

 

浜松家畜病院ではその中の1つである動物介在活動を行っております。

動物介在活動とは参加者が犬とふれあいや一緒にレクリエーションを行いQOLの向上を目的としたものです 😛

あとの2つについてはまた後ほど書かせていただきますね。

 

活動報告もかねて書かせていただきます!

前回実施したのは12月頃で、 デイケアセンターに訪問し高齢者の方々とふれあいやゲームをしましたclover

 

訪問したのは袋井市にあるアサヒサンクリーンデイサービスセンター愛野さんです。

2回目の訪問となりました!!

 

とにかく楽しく終わってほしいと 私も司会進行でガチガチでしたが、 参加者の方々は大盛り上がりで安心しました・・・☆

やっている私たちも本当に楽しい時間を過ごさせていただきました!

 

活動に一緒に行ったのは浜松家畜病院スタッフやドッグギャラリーのスタッフ

浜松トリミング専門学校の学生さんや講師の方々と行いました。

 

1時間の活動はあっという間に終わり、 活動終了後 訪問先のスタッフの方からお話を聞きました(;*;)

 

参加者の方の中には犬が大好きな方はもちろん 犬が苦手の方もいられました。

しかし、普段はあまり見せない笑顔で笑っていたり、 みなさんとっても楽しそうな表情をしていたそうです

 

スタッフの方にも参加者の方にもまた是非来てほしいと 嬉しい言葉をかけていただきましたcryingshine

 

その言葉が聞けただけでも大成功と言っていいのではないかと 自分に甘くなりそうでしたが、 もっともっと楽しんで頂けるように努力していきたいと思います。

しかし、頑張ってくれたみんなには感謝感謝です☆

犬の力って底知れないですね・・・!!!

このような活動も今後少しづつですが増やしていきたいと思っています note

一般の飼い主さんの参加も大歓迎ですので、興味がある方は是非声をかけて下さいね(^∀^)/

 

 

動物介在教育インストラクター 若月遥子 (ASAET|動物介在教育・療法学会認定

動物介在活動・動物介在教育にご興味がある方は、上記学会HPを御参考ください。

浜松市近郊で「アニマルセラピー」を実施してみたい!という施設(学校、保育園、介護施設など)

の事業主さまは、浜松家畜病院にお問い合わせください。

↓ ↓ お問い合わせはコチラから ↓ ↓

図1

 

 

 

 

 

 

 

 

(*参加者の方々の写真はデイサービスセンターの方に

許可を得た上で掲載させていただいております)

 

 

この記事を書いたひと

アバター

浜松家畜病院

静岡県浜松市の動物病院です。診療対象動物は、犬、猫、ウサギ、ハムスター、フェレットなど。総合診察、予防接種 からがん・アレルギーなどの専門医療、食事や健康管理相談、しつけ相談まで幅広く対応しています。

監修

武信行紀(たけのぶゆきのり)浜松家畜病院院長

武信行紀(たけのぶゆきのり)

治療方針:恩師の言葉である「慈愛理知」(慈しみと愛をもって動物と飼い主に接し、理論と最新の知識をもって診療に当たる)を胸に、人と動物の絆に貢献します。

経歴:

  • 鳥取県鳥取市出身
  • 1999年 麻布大学獣医学科卒業
  • 2005~2009年 麻布大学腫瘍科レジデント(サブチーフを務める)
  • 2013年 獣医腫瘍科認定医1種取得
  • 2014年 日本獣医がん学会理事就任現在に至る

所属学会・研修:

  • 日本獣医がん学会
  • 獣医麻酔外科学会
  • 獣医整形外科AOprinciplesCorse研修課程終了
  • RECOVER BLS&ALS 研修課程終了

主な執筆・学会発表

  • 2003年~2007年 「犬の健康管理」 ANIMAL WORLD連載
  • 2005年 「拡大乳腺切除および補助的化学療法により,良好な経過が得られた猫乳腺癌の1例.」(第26回動物臨床医学会年次大会)
  • 2006年 「血管周皮腫の臨床的研究」(第27回動物臨床医学会年次大会)
  • 2008年 「外科切除および放射線治療を行った高分化型線維肉腫の2例」(第27回日本獣医がん研究会, JONCOL2008/No.5)
  • 2009年 「特集:血管周皮腫」 (InfoVets 2008/8月号)
  • 2010年 『小動物臨床腫瘍学の実際』 翻訳参加 (Withrow & MacEwen's Small Animal Clinical Oncology 4th ed.)
  • 2010年 「外科切除を行い良好な経過が得られた乳頭状扁平上皮癌の1例」(第30回獣医麻酔外科学会)
  • 2010年 「肝破裂による血腹が見られた猫の肝アミロイド―シスの一例」(第19回中部小動物臨床研究会)
RECRUITトータルペットケアセンター採用情報スタッフ募集中

MESSAGE FROM THE OWNER

INQUIRY FORM

この「問診フォーム」は簡易的な問診です。実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。

Googleフォームから問診を送る

お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。
定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。
予めご了承くださいませ。営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く)
お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。転載、二次利用することはご遠慮ください。
浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。
reCAPTCHA で保護されています。プライバシーポリシー/利用規約

[休診] 日・祝祭日

学会参加などで、臨時休診する場合があります。
獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

[休診日の診察]

グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

ドッグギャラリークリニックについて

専門医療診察は一部予約制になります。
前もってお電話でご予約下さい。

浜松市近郊で犬・猫のがん治療を中心とした外科治療は浜松家畜病院へ

浜松家畜病院(はままつかちくびょういん)
浜松家畜病院 診断書診療一覧
お電話でお問合せ