症例紹介

リンパ節浸潤を伴った高齢猫の乳腺癌

猫の乳腺腫瘍の発生率はヒトやイヌの半分以下です。
が、、、、

 

悪性の癌である確率は約85%とされています。
チャーちゃんは13歳の時に左第二乳腺に小豆くらいのしこりが出来ました。


1ヶ月ほどで3cmほどに増大したため、当院に来院されました。
検査の結果、、、乳腺癌ステージⅢ(T3bN1bM0)と診断。
片側の乳腺切除手術を行いました。
手術後の病理検査でリンパ節はがん細胞で埋め尽くされていました。

 

このような猫の乳癌は非常に進行が早く、
過去の文献上ではおよそ6ヶ月の生存期間と報告されています。
ただ、幸いなことに肺転移は見られていません!
オーナー様は抗がん剤「カルボプラチン」の治療を希望されました。
近年、この薬のおかげで猫の乳腺癌の予後が飛躍的によくなっています。

(データ:2005年 第26回動物臨床医学会での発表より)

チャーちゃんはその後、約2年間にわたり生存しました。

ちなみに、、、

 

犬も猫も乳腺腫瘍は、

 

早期に避妊手術をした子には、

 

ほとんど発生しないことがわかっています。

 

病気の予防として、避妊手術も大切ですね。

 

 

MESSAGE FROM THE OWNER

INQUIRY FORM

この「問診フォーム」は簡易的な問診です。実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。

お問い合わせ内容必須

お問い合わせメッセージ任意

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。
定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。
予めご了承くださいませ。営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く)
お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。転載、二次利用することはご遠慮ください。
浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。

[休診] 日・祝祭日

学会参加などで、臨時休診する場合があります。
獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

[休診日の診察]

グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

ドッグギャラリークリニックについて

専門医療診察は一部予約制になります。
前もってお電話でご予約下さい。

浜松市近郊で犬・猫のがん治療を中心とした外科治療は浜松家畜病院へ

浜松家畜病院(はままつかちくびょういん)
浜松家畜病院 診断書診療一覧
お電話でお問合せ