パピーパーティ

2015.06.18

パピーパーティーPART9

きてますなぁ~梅雨前線     ジメジメ、どんよりの6月は、気分も落ち込みがちですが・・・     こんな時こそ、テンションアゲアゲでまいりましょー     パピーパーティーPART9     ど~もドッグトレーナーの松島です     毎月恒例となりましたパピーパーティー     今回もフレッシュなニューフェイスから紹介していきますね     IMG_6663   スタンダードプードルのスティッチく~ん       IMG_6654   ミックス犬(チワワ×トイプードル)のココちゃ~ん     IMG_6720   チワワの なのちゃ~ん       IMG_6744   同じくチワワの ランく~ん       IMG_6696   柴犬の豆助く~ん     そして、ここからは,前回も参加してくれたワンコ達で~す     P1290447   シェルティーの空(くう)く~ん       P1290451   ポメラニアンのポンちゃ~ん       IMG_6678   ゴールデンレトリバーの のあちゃ~ん       今回ニューフェイスが、5頭  前回参加のワンコが、3頭       計8頭の元気いっぱいのワンコ達が参加してくれました 皆さんお忙しい中本当に、有難うございます<(_ _)>       さあ~そろそろ始まりそうですよ~       今回もパピパのお手本犬 ゴールデンドゥードルの ソルが、鈴木先生の足元で、       出番は、まだかと、ちゃんとフセして指示待ちしてます   カッコいい~  ん?   IMG_6698       それもそのはず、今回は飼い主の、武信 宏実副院長が キビしい目を光らせているのでキラン       IMG_6669   ヤンチャな ソルも、大人しくお利口さんにしてるのであります ウシシシシ       きゃーっ     コワイですぅ~(笑) ま、 冗談は、この位にして、先に進みましょう(笑)       前半の鈴木先生から、仔犬の社会化期の大切さの話の後、       こちらも、恒例のホールディングの様子ですね       IMG_6680       みてください この余裕~  初めて?とは、思えないこの貫禄       それもそのはず、実は、スティッチくん・・・わたくしのパピークラスの教え子でして       ホールディングは、慣れっこなのでありますぅ さて お次は~       IMG_6757       ココちゃん カメラに夢中で、まったく拘束されていることを、気にしていませんグッドです       IMG_6756       なのちゃん こちらも嫌がる様子もなく、バッチリカメラ目線であります(笑)       IMG_6752       なかなかの男前の豆助くんここで一句、「 色男、ホールディングも、様になる 」・・・ 字余り(笑)       IMG_6767       ランくん ちょっち上半身が、横になって嫌がってるのかな? でもカメラに気付いて、なんとかOK       IMG_6750       こちらは、空くん さすがは、前回参加してくれただけあって、ずり落ちそうなくらい脱力しております(笑)       IMG_6758       のあちゃん こちらも前回参加しただけあって・・・・・     なんか飼主さんの腕に、おもいっきり力が入っている様にみえるのは、わたしだけでしょうか(笑)       IMG_6754       こちらも前回参加してくれた ポンちゃん  片手でお腹なでなで出来る位の落ち着きをみせてくれました         さあ~お次は、飼主さん以外の手から、オヤツ食べれるかな?       IMG_6712       ランくん 興味は、あるけど慎重派かな       IMG_6718       ポンちゃん 「オヤツもってるんでしょ。なんで隠すの」と言っているようですね(笑)       IMG_6761       こちらは、のあちゃん オヤツがほしくて、前に出ようとして首が閉まり、 「ぐえっ」てな感じで舌が出ちゃってます(笑)       IMG_6765       空くんは、待ちきれずに、「どっち?こっち?」と手が出ちゃいました       さあお次は、ふれあいタイム スタートです       IMG_6723       なのちゃんが、スティッチくんに近づいたは、いいけど 「大きいなぁ~」 と見上げていると、       「なんか用?」てなもんで、余裕のスティッチくん   しかしその後・・・       IMG_6724       ココちゃんにお腹の下から・・・・       IMG_6730       ランくんに、お尻の方からと、次々に興味をもたれて人気者のスティッチくんは、とうとう・・・・       IMG_6701     「もういいよ 疲れたから ほっといて」とばかりに、寝そべってしまいましたとさ       スティッチくん 人気者はつらいねぇ~(笑)       でも最後には、みんな仲良くオヤツを食べれたよね       IMG_6743       そして後半の飼い主さんお勉強タイムです     今回は、武信 宏実副院長より     マイクロチップのお話と ノミダニの予防のお話と 歯のお手入れの重要性のお話が、ありました。     IMG_6771     歯のお手入れの重要性と、マイクロチップについては、以前のパピパブログで、ご説明させていただきましたので、     今回は、ノミダニ予防の重要性について、ちょっちお話しますね     「うちの犬は、お散歩行かないからノミダニは、つかないので予防必要ないわ」・・・     悲しいかな、結構いるんですこういう飼い主さん     例えば、野良猫が落としたノミの卵が、人の靴や靴下にくっいて そのまま家の中に運ばれ、     愛犬に付着して、成虫に育ち、ノミアレルギーで皮膚疾患や、ノミが媒介する内部寄生虫の     瓜実条虫でお腹の具合が悪くなったり、ダニに関しては、土に生息しているので、     土の上や草むらを人が歩けば、やはりズボンの裾や靴について家の中に運ばれ、     愛犬に付着してしまいます     ダニは、自分の体重の15倍の量の血を吸血します・・・だから?と思うかもしれませんが、     想像してみて下さい。1匹なら大したことなくても、100匹単位になれば、     たちまち、愛犬は貧血に陥り、生命の危険さえ有り得るのです こわっ     お散歩に行かなくても予防が必要なんだ、愛犬の生命を守っているんだという意識を     全ての飼い主さんに、もっていただきたいですね ご清聴 有難うございました<(_ _)>     さてさて、今回のパピパも終わりの時間がきてしまいました     次回のパピーパーティーは、7月4日(土) PM13時~14時です     生後2ヶ月~3ヶ月の社会化期は、将来フレンドリーなワンコになるか、     臆病なワンコになるか確定する大切な時期です一生に一度きりしかも、     1ヶ月しかないのに、この機会を逃すのは、もったいないですよぉ~)^o^(     混合ワクチン1回目終了していれば、参加可能ですので、興味のある方は     浜松家畜病院までお問い合わせください     まだまだ、受付中で~す)^o^( スタッフ一同楽しみにお待ちしておりま~す     それでは、こちらも恒例 最終ショット     武信 宏実副院長とソルのホールディングでの1枚でお別れで~す               IMG_6755       ・・・捕まったエイリアン?(笑)     それでは次回のパピパブログでお会いしましょ~     ドッグトレーナーの松島でした~                                                                                                                        

RECRUITトータルペットケアセンター採用情報スタッフ募集中

MESSAGE FROM THE OWNER

INQUIRY FORM

この「問診フォーム」は簡易的な問診です。実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。

お問い合わせ内容必須

お問い合わせメッセージ任意

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。
定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。
予めご了承くださいませ。営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く)
お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。転載、二次利用することはご遠慮ください。
浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。
reCAPTCHA で保護されています。プライバシーポリシー/利用規約

[休診] 日・祝祭日

学会参加などで、臨時休診する場合があります。
獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

[休診日の診察]

グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

ドッグギャラリークリニックについて

専門医療診察は一部予約制になります。
前もってお電話でご予約下さい。

浜松市近郊で犬・猫のがん治療を中心とした外科治療は浜松家畜病院へ

浜松家畜病院(はままつかちくびょういん)
浜松家畜病院 診断書診療一覧
お電話でお問合せ