Newsねこブログスタッフブログ

2020.03.10

スタッフ猫紹介(受付石川Ver)

こんにちは!浜松家畜病院の受付スタッフ石川です

 

ずいぶん前に私の愛猫紹介で茶トラの女の子ひまわりをご紹介

させていただきましたが…

実は去年の7月に子猫を保護しまして…

 

お世話をしている内に情という情が出まくってしまいまして、

そのままうちの子にお迎えする事にしました(笑)

 

名前は【ジム吉】です!(笑)

 

そうです、あの事務キチ、めちゃ安い~事務キチ、めちゃ楽しい~です(笑)

事務キチで発見した為、仮の名前でジムキチと呼んでいたら

名前にもしっくりキテしまいそのまま

ジム吉という名前にしました

 

因みに女の子です(笑)

 

 

ジム吉を拾った経緯は、事務キチに行った際に駐車場で身体の半分が水たまりに

浸かった状態で死んでいる猫ちゃんがいました…。

 

可哀そうに…と思って見ていたら

お腹がかすかに動いてる息してるっっΣ(・□・)

という事に気づき、ビチャビチャな子猫ちゃんを気が付いたら両手ですくって手に取っていました。

 

どうしよう⁉とアタフタ一瞬しましたが、

いや、どうしようじゃないないやん‼病院連れていかなきゃ!となり

浜松家畜病院にレッツGO!!

↓その時のお写真↓

 

小さ~い可愛~い

夏だった為温めるものが何もなく車にあった【雑巾】で保温…

雑巾…

ジム吉ごめんよ…

 

…と今だからこんな余裕ブッこいていますが

拾ったときは鳴く事すらできず目も開かず、ノミも沢山ついていて、

水たまりに浸かっていたせいか体温も低くとても不安な状態でした。

 

病院についてからは副院長の宏実先生と、

お休みなのに、病院にいてくれたベテラン看護師の神谷さんが

色々と処置をしてくださり、温めて温めて自宅へ帰宅

 

とりあえず、低体温症に気をつける事と2時間おきの哺乳を頑張ってね

との事で石川のジム吉母親ライフが始まりました。

 

弱って自分の力でミルクを飲む事ができなかったので、

ジム吉には強制給餌でミルクをあげていました。

1回10CC飲めたら良いところだったので2時間おきに

生きているか心配で心配でなかなか眠れずの毎日が続きましたが

不思議と疲れより不安が勝ち、眠たい…とならないんですよね

人間って強~い、母性本能かしら…なんて思いながら(笑)過ごしていると

少しずつ大きくなってきました。

お猿さんみた~い

 

↓強制給餌も無事終わりミルクが飲める様になった時↓

↓少し大きくなってきました↓

↓ミルクを辞めて離乳食に変えたが 顔からダイブした日↓

↓お姉ちゃん猫のひまわりとお揃いの首輪をつけた日↓

そんなこんなで7月に我が家にやってきてもうあっと言う間に8か月

↓今現在のジム吉…

大きくなりましたねぇ~( *´艸`)

やはり飼い主の私はデレデレです

このブログを見てわかる通り親ばかです(笑)

 

こん回は受付石川の猫ちゃん紹介でしたが、こんな感じで

猫に翻弄されているスタッフがまだまだおりますので、

スタッフの猫ちゃん紹介また続きま~~す

 

猫好きな皆さん、猫を飼っていない方も癒されにまた覗いてくださいね

 

 

この記事を書いたひと

アバター

石川

浜松家畜病院受付スタッフ
飼っている動物:ねこ2匹
趣味:猫グッズ集め
性格:明るくて元気
【メッセージ】
兵庫から浜松へ引っ越ししてきました!
関西弁で元気良く頑張ります♪

    このブログの監修

    武信行紀(たけのぶゆきのり)浜松家畜病院院長

    武信行紀(たけのぶゆきのり)

    治療方針:恩師の言葉である「慈愛理知」(慈しみと愛をもって動物と飼い主に接し、理論と最新の知識をもって診療に当たる)を胸に、人と動物の絆に貢献します。

    経歴:

    • 鳥取県鳥取市出身
    • 1999年 麻布大学獣医学科卒業
    • 2005~2009年 麻布大学腫瘍科レジデント(サブチーフを務める)
    • 2013年 獣医腫瘍科認定医1種取得
    • 2014年 日本獣医がん学会理事就任現在に至る

    所属学会・研修:

    • 日本獣医がん学会
    • 獣医麻酔外科学会
    • 獣医整形外科AOprinciplesCorse研修課程終了
    • RECOVER BLS&ALS 研修課程終了

    主な執筆・学会発表

    • 2003年~2007年 「犬の健康管理」 ANIMAL WORLD連載
    • 2005年 「拡大乳腺切除および補助的化学療法により,良好な経過が得られた猫乳腺癌の1例.」(第26回動物臨床医学会年次大会)
    • 2006年 「血管周皮腫の臨床的研究」(第27回動物臨床医学会年次大会)
    • 2008年 「外科切除および放射線治療を行った高分化型線維肉腫の2例」(第27回日本獣医がん研究会, JONCOL2008/No.5)
    • 2009年 「特集:血管周皮腫」 (InfoVets 2008/8月号)
    • 2010年 『小動物臨床腫瘍学の実際』 翻訳参加 (Withrow & MacEwen's Small Animal Clinical Oncology 4th ed.)
    • 2010年 「外科切除を行い良好な経過が得られた乳頭状扁平上皮癌の1例」(第30回獣医麻酔外科学会)
    • 2010年 「肝破裂による血腹が見られた猫の肝アミロイド―シスの一例」(第19回中部小動物臨床研究会)
    [休診] 日・祝祭日

    学会参加などで、臨時休診する場合があります。
    獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

    [休診日の診察]

    グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

    ドッグギャラリークリニックについて

    専門医療診察は一部予約制になります。
    前もってお電話でご予約下さい。

                       

    浜松市中央区のがん治療を中心とした外科治療・健康診断・予防接種は浜松家畜病院で

    浜松家畜病院(はままつかちくびょういん)
    浜松家畜病院 診断書診療一覧
    電話する
    053-452-4429
    WEB
    診療予約