News症例紹介

2016.05.21

高齢の犬に多い心臓病

こんにちは。獣医師の竹田です。

ペットブームに子犬だった子もお年寄りになり、最近では心臓病を持つ犬が多くなってきました。

適切な判断の下、治療を行わないと気付かない間に進行してしまい、手遅れになってしまうことがあります。

今回は、高齢の犬で最も多い心臓病、僧帽弁閉鎖不全症についてご紹介します。

20090324173338

 

症例

チワワ、去勢オス、10歳、3kg

無症状だが、聴診で収縮期心雑音(Levine:2/6)を認め、心エコー検査を実施

 

心エコー検査:左心の拡張と僧帽弁逆流を認めた(LA/AO:1.59 <1.6 )(LVIDd:1.91cm)(Ev:0.68 <0.8 m/s )(Aov:0.87 >0.8 m/s)

IM-0001-0002 IM-0001-0003 IM-0001-0004 IM-0001-0005 IM-0001-0008 IM-0001-0010

診断:僧帽弁閉鎖不全症(軽度-中等度)

 

犬の僧帽弁閉鎖不全症の場合、特にE波というところをチェックします。

通常は0.8m/s以下ですが、1.0-1.2m/sを超えると肺水腫のリスクが非常に高いことを意味します。

肺水腫は呼吸困難になり、致死的でとても苦しい状態です。

最近では、循環器専門施設で、外科治療を行える所も増えてきましたが、まだまだ内科治療に頼らざるを得ないのが現状です。

定期的に心臓病の進行を評価し、内科治療で上手くコントロールできれば、最悪のシナリオを避けることができます。

お家では、安静時の呼吸数を測り、40回/分を超えなていないかモニターすることが重要で、呼吸数が多い場合は、早めの動物病院での対応が必要になります。

以上、身近な心臓病のお話でした。

RECRUITトータルペットケアセンター採用情報スタッフ募集中

MESSAGE FROM THE OWNER

INQUIRY FORM

この「問診フォーム」は簡易的な問診です。実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。

お問い合わせ内容必須

お問い合わせメッセージ任意

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。
定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。
予めご了承くださいませ。営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く)
お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。転載、二次利用することはご遠慮ください。
浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。
reCAPTCHA で保護されています。プライバシーポリシー/利用規約

[休診] 日・祝祭日

学会参加などで、臨時休診する場合があります。
獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

[休診日の診察]

グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

ドッグギャラリークリニックについて

専門医療診察は一部予約制になります。
前もってお電話でご予約下さい。

浜松市近郊で犬・猫のがん治療を中心とした外科治療は浜松家畜病院へ

浜松家畜病院(はままつかちくびょういん)
浜松家畜病院 診断書診療一覧
お電話でお問合せ