News症例紹介

犬の動脈管開存症 Part2

こんにちは。獣医師の竹田です。

今回は以前にもご紹介した生まれつきの子犬の心臓病、動脈管開存症(PDA)の症例をご紹介します。

 

まず、PDAとは胎生期に有する動脈管(大動脈と肺動脈のバイパス血管)が、生まれた後でも残ってしまうことによって起こる、無治療では致死率が高い先天性の心臓病です。

 

犬のPDAの特徴として、

先天性心臓疾患の中で最も多い

好発犬種は主に小型犬

メスに多い

などが挙げられます。

治療は主に、外科的に動脈管を閉じてあげることにより、長期予後が期待できます。

 

今回の執刀医は、東京の大学で循環器外科を担当する鈴木先生です。

手術時の写真を一部掲載していますので、注意して下さい。

 

症例

トイプードル、オス、3ヶ月齢、体重1.65kg

IMG_8940

主訴:子犬の検診で反跳脈連続性の機械様心雑音を聴取。

 

Xray:著しい左心拡大下行大動脈の拡張、肺血管の拡張が認められます。

IM-0001-1001 IM-0001-2002

 

心臓超音波検査:左心負荷所見(左心拡大、僧帽弁逆流、LVIDdの増大、E波A波の上昇、大動脈血流速度の軽度増加)と肺動脈内の連続性モザイクが認められます。

IM-0001-0001IM-0001-0011IM-0001-0012IM-0001-0005IM-0001-0013IM-0001-0014

 

 

診断:左右短絡を呈する動脈管開存症(PDA)

 

治療:外科療法(麻酔下で開胸、動脈管を剥離し、結紮)

IMG_8943

通常、未治療のまま、6ヶ月齢を過ぎると右左短絡を呈し、手術が不適応となります…。

 

術後は非常に良好!

本人の生命力と早期発見・早期治療、術者の熟練した技術のおかげですね。

今後は健康な子と同様に過ごすことができます。

 

当院では、月に一度、循環器専門医による診察とセミナーを行い、循環器症例の診断から治療方針まで的確に対応できるよう心掛けています。

最近、咳をするようになった、運動時に疲れやすくなったなど身近で気になることがあれば、一度診察で心雑音の有無を確認しましょう!

 

下は、チワワのまこちゃん!

以前紹介した動脈管開存症の子で、術後1年を良好に経過しています。

とても幸せそうですね!

IMG_2864

MESSAGE FROM THE OWNER

INQUIRY FORM

この「問診フォーム」は簡易的な問診です。実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。

お問い合わせ内容必須

お問い合わせメッセージ任意

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。
定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。
予めご了承くださいませ。営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く)
お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。転載、二次利用することはご遠慮ください。
浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。

[休診] 日・祝祭日

学会参加などで、臨時休診する場合があります。
獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

[休診日の診察]

グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

ドッグギャラリークリニックについて

専門医療診察は一部予約制になります。
前もってお電話でご予約下さい。

浜松市近郊で犬・猫のがん治療を中心とした外科治療は浜松家畜病院へ

浜松家畜病院(はままつかちくびょういん)
浜松家畜病院 診断書診療一覧
お電話でお問合せ