News

2018.09.04

浜松トリミング専門学院第一回トリミングセミナー開催!!

2018年8月23日に浜松トリミング専門学院第一回トリミングセミナーが浜松家畜病院にて開催されました

ショートリマーの中澤講師をお招きして、シャンプー理論の講義や、ワンちゃんを実際に目の前でカットをするデモンストレーションがおこなわれました

 

IMG_4085

 

冒頭は、ワンちゃんをシャンプーをする際に気を付けること、そのために必要な基本的な理論の講義がおこなわれました

 

 

 

「カットで良いスタイルに近付けるためには、被毛や皮膚の状態を理解してシャンプーとドライを行わなければなりません

 

中澤先生のこの言葉からスタートした講義は、

現場でシャンプーしているだけでは分からない、内容が盛りだくさんの講義となりました

その主な内容は、

 

・シャンプーの被毛への効果とPH値との関係性

・リンスの被毛への効果とPH値との関係性

・犬種ごとのスタイリングしやすいPH値

 

なんだか、ちょっと難しそうな感じがしますね。。。

PH値とは酸性~アルカリ性を数値化したもので、スタイリングしやすいワンちゃんの被毛のPHは弱酸性です。

その中で酸性に近いかアルカリ性に近いかで状態が変わってきます。

シャンプーとリンスでこの値を操作することが出来ます

でもこれを知った上でシャンプーをすると、はっきりと違いが出て

被毛を傷ませずによりカットしやすく、スタイリングしやすい仕上がりになるとのことです

 

参加したトリマーさん達はこのお話を食い入る様に聞いてました

シャンプー理論を理解しているのといないのとでは、仕上がりに大きな違いが出るのだと学びました

 

IMG_4084 (1)

 

さて、

シャンプー講義の次は、トイプードルのミッシェルちゃんのカットのデモンストレーションに入りました

テーマは、「頭の毛を縛ったベアーカット」の一例です

IMG_4088

 

頭の縛り方や輪郭の作り方のコツ、より顔を可愛く見せるコツを教えていただきました

 

中澤先生のハサミの動きを至近距離で見れるのも勉強になりましたよぉ

 

IMG_4090

 

ミッシェルちゃんの顔カット完成です

頭の毛はまだ伸ばし途中ですが、耳の前の毛を伸ばし顔の輪郭を小さく見せ、

かつマズルをふんわり見せることでバランスを取って可愛く見せることを狙っています

頭の毛が伸びた時が楽しみですね

 

IMG_4248

 

 

次のデモンストレーションは、

ミニチュアシュナウザーのクレアちゃんです。クレアちゃんはアフロの頭にお口ふんわりカットです。

ここでのテーマは「マズルが長めのワンちゃんの顔を丸く見せるポイント」です

 

IMG_4249

 

クレアちゃんの顔カット完成です

正面から見た輪郭も、立体的に見た奥行きも丸みを帯びているように見えます。

ポイントは、

顎下は短めに頭の曲線と合わせる

鼻より前に出る毛は切って鼻を出し、鼻が詰まっているように見せる    です

 

IMG_4095

 

 

真横ではなく斜め横ですが、、、

お顔の輪郭は丸く見えますね

 

 

IMG_4101

 

最後はマルチーズのデラちゃんのカットを行いました。

テーマは、「マルチーズの顔を可愛く見せるコツと、中澤先生の自由な体のデザインカット」です

 

IMG_4114

デラちゃんの顔のカット完成です。

ポイントは

目元の毛を切りすぎない事でくぼませない事、貧相に見せない事

鼻より前に出る毛をカットし鼻を短く丸く見せる

マズルの毛のふくらみをつくることで丸みをつくって可愛く見せることです

 

IMG_4116

 

もう一枚

マズルのふんわり感が可愛さを惹きたてますね

 

IMG_4113

 

体のデザインカットはこんな感じです。

羽をイメージして短時間でカットしてくださいました

IMG_4123

 

右側はこんな感じです

まるで天使の羽みたいですね

中澤先生いわく、「イメージをしっかり持っていればどんな形もカットできる。少し失敗して崩れても臨機応変に形を修正していけば大丈夫です。」

とおっしゃっていました。

多くの方が参加していただき、とても身になるセミナーとなりました

みんながとっても勉強になる有意義なセミナーとなりました

中澤先生ありがとうございました

 

次回は半年後くらいにセミナーの開催を予定しております

日にち決まり次第、HP・ブログや浜松トリミング専門学院facebookにてセミナー開催の告知をさせていただきます。

その際ご興味がある方は、お電話か記載したメールアドレスにてお問い合わせ下さい

 

この記事を書いたひと

アバター

浜松家畜病院

静岡県浜松市の動物病院です。診療対象動物は、犬、猫、ウサギ、ハムスター、フェレットなど。総合診察、予防接種 からがん・アレルギーなどの専門医療、食事や健康管理相談、しつけ相談まで幅広く対応しています。

監修

武信行紀(たけのぶゆきのり)浜松家畜病院院長

武信行紀(たけのぶゆきのり)

治療方針:恩師の言葉である「慈愛理知」(慈しみと愛をもって動物と飼い主に接し、理論と最新の知識をもって診療に当たる)を胸に、人と動物の絆に貢献します。

経歴:

  • 鳥取県鳥取市出身
  • 1999年 麻布大学獣医学科卒業
  • 2005~2009年 麻布大学腫瘍科レジデント(サブチーフを務める)
  • 2013年 獣医腫瘍科認定医1種取得
  • 2014年 日本獣医がん学会理事就任現在に至る

所属学会・研修:

  • 日本獣医がん学会
  • 獣医麻酔外科学会
  • 獣医整形外科AOprinciplesCorse研修課程終了
  • RECOVER BLS&ALS 研修課程終了

主な執筆・学会発表

  • 2003年~2007年 「犬の健康管理」 ANIMAL WORLD連載
  • 2005年 「拡大乳腺切除および補助的化学療法により,良好な経過が得られた猫乳腺癌の1例.」(第26回動物臨床医学会年次大会)
  • 2006年 「血管周皮腫の臨床的研究」(第27回動物臨床医学会年次大会)
  • 2008年 「外科切除および放射線治療を行った高分化型線維肉腫の2例」(第27回日本獣医がん研究会, JONCOL2008/No.5)
  • 2009年 「特集:血管周皮腫」 (InfoVets 2008/8月号)
  • 2010年 『小動物臨床腫瘍学の実際』 翻訳参加 (Withrow & MacEwen's Small Animal Clinical Oncology 4th ed.)
  • 2010年 「外科切除を行い良好な経過が得られた乳頭状扁平上皮癌の1例」(第30回獣医麻酔外科学会)
  • 2010年 「肝破裂による血腹が見られた猫の肝アミロイド―シスの一例」(第19回中部小動物臨床研究会)
RECRUITトータルペットケアセンター採用情報スタッフ募集中

MESSAGE FROM THE OWNER

INQUIRY FORM

この「問診フォーム」は簡易的な問診です。実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。

Googleフォームから問診を送る

お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。
定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。
予めご了承くださいませ。営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く)
お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。転載、二次利用することはご遠慮ください。
浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。
reCAPTCHA で保護されています。プライバシーポリシー/利用規約

[休診] 日・祝祭日

学会参加などで、臨時休診する場合があります。
獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

[休診日の診察]

グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

ドッグギャラリークリニックについて

専門医療診察は一部予約制になります。
前もってお電話でご予約下さい。

浜松市近郊で犬・猫のがん治療を中心とした外科治療は浜松家畜病院へ

浜松家畜病院(はままつかちくびょういん)
浜松家畜病院 診断書診療一覧
お電話でお問合せ