Newsスタッフブログ

2016.02.04

日本獣医がん学会

こんにちは。獣医師の竹田です。

先週の土日に大阪で開催された日本獣医がん学会に院長の武信と出席してきました。

大変勉強になることばかりで、腫瘍は治せないと諦める時代は終わるのだと感じました。

さて、今回のテーマは泌尿器の腫瘍!

報告されている泌尿器の腫瘍について下記にまとめました。

 

「膀胱・尿道の腫瘍」

〔特徴〕

膀胱・尿道腫瘍の多くは侵襲性の移行上皮癌(TCC)である

特に膀胱三角部に多く発生し、尿道(56%)や前立腺(29%)へ浸潤する

好発犬種はスコティッシュテリア、シェルティ、ビーグルなど

性差はメスに発生が多い

猫での発生は稀である

転移率67%(肺50%、局所リンパ節29%、骨11%)

死因は、尿路閉塞に伴う腎不全が最も多い → 局所のコントロールが重要

〔診断〕

臨床徴候は血尿、排尿困難、排便困難など、より少数で骨転移、肥大性骨症による跛行がみられる

尿検査、エコー検査、尿路造影X線検査、血液検査を行い、腫瘍病変を確認する

IM-0001-0004

カテーテル吸引法や膀胱鏡検査、膀胱切開術によって細胞診、病理組織診断を行う

経皮的生検は、腫瘍の播種の危険があり、通常禁忌

細胞診:上皮系細胞集塊、悪性所見(N/C比の増大、核異型高度、多核、クロマチンパターンの異常、複数の核小体、核分裂像など)

P1120188

〔治療と予後〕

外科療法:限局した腫瘍の部分切除(MST:109日)、尿道を含む膀胱全摘出など

化学療法:COX阻害薬 ±ミトキサントロン(MST:291日vs195日)

対症療法:腎瘻や尿道、尿管ステントなどによる排尿障害の改善(MST:89日)              ※MST:生存期間中央値

 

と、少し専門的な話になりましたが…。

 

今回の学会では新たに、外科的アプローチの困難な腫瘍に対する動脈塞栓術、対症療法(尿管や尿道に対する緩和的ステントもしくはバイパス術)、化学療法(腫瘍の栄養動脈に対する超選択的動脈内投与)について最新の戦略を取り上げていました。

現段階では、報告が少ない、費用が高額である、熟練した手技を要するなどを理由に全てを臨床現場に生かすことは難しいですが、いつの日かより簡易化され、戦略の一つとして提供できる時代が来ると感じます。

 

当院では、ペットの高齢化に伴い、増加した腫瘍症例に専門性を持って対応しております。

腫瘍は、早期発見が重要です。もうすぐ春の健康診断が始まるので、ぜひこの機会を利用して病気の早期発見に努めましょう!

皮膚にできものができたなど、身近で気になることがあれば、いつでもご相談下さい。

RECRUITトータルペットケアセンター採用情報スタッフ募集中

MESSAGE FROM THE OWNER

INQUIRY FORM

この「問診フォーム」は簡易的な問診です。実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。

お問い合わせ内容必須

お問い合わせメッセージ任意

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。
定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。
予めご了承くださいませ。営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く)
お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。転載、二次利用することはご遠慮ください。
浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。
reCAPTCHA で保護されています。プライバシーポリシー/利用規約

[休診] 日・祝祭日

学会参加などで、臨時休診する場合があります。
獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

[休診日の診察]

グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

ドッグギャラリークリニックについて

専門医療診察は一部予約制になります。
前もってお電話でご予約下さい。

浜松市近郊で犬・猫のがん治療を中心とした外科治療は浜松家畜病院へ

浜松家畜病院(はままつかちくびょういん)
浜松家畜病院 診断書診療一覧
お電話でお問合せ