症例紹介

2013.03.01

パグの皮膚肥満細胞腫

犬の皮膚腫瘍で最も多いとされる肥満細胞腫、

なかでもパグはこの腫瘍の発生が非常に多い犬種で知られています。
症例はハルちゃん、12歳のパグです。

5~6年前からある皮膚のしこりをかかりつけの動物病院で2度切除しましたが、

傷が治りにくく、すぐに再発を繰り返しています。

今回はひどい嘔吐と呼吸が荒いということで来院されました。

 

腫瘍診断は肥満細胞腫、ステージ3(多発)でリンパ節浸潤無し。

肥満細胞は様々な化学物質を含む顆粒を持っています。

 


↑細胞の中や外にある赤紫色のツブツブが顆粒です。

嘔吐は顆粒に含まれる「ヒスタミン」という化学物質による消化管潰瘍、

呼吸促迫は同じ物質が引き起こした肺水腫によるものでした。

また、手術の後に傷が治りにくかったのは、別の化学物質、

「ヘパリン」や「蛋白分解酵素」の作用だったと思われます。

 

 

これは典型的な腫瘍随伴症候群です。

(*腫瘍そのものではなく、腫瘍が分泌する化学物質が引き起こす症状のこと。)

ほおっておけば、それだけで命にかかわる危険な症状ですから、

腫瘍の治療と並行して、対応する必要があります。

ハルちゃんにはまず胃薬や利尿剤による腫瘍随伴症候群の治療が必要でした。

 

 

幸い、治療が上手くいって元気にご飯が食べられるようになり、

飲み薬による腫瘍の治療を受けることが出来るようになりました。

癌は高齢の動物に発生しやすく、多くの合併症をはらんでいる危険があります。

皮膚のしこりを見つけたら、単純に切除するのではなく、

腫瘍の特徴を良く知り、詳しい検査で全身状態をしっかり把握してから、

治療をはじめる必要があります。

RECRUITトータルペットケアセンター採用情報スタッフ募集中

MESSAGE FROM THE OWNER

INQUIRY FORM

この「問診フォーム」は簡易的な問診です。実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。

お問い合わせ内容必須

お問い合わせメッセージ任意

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。
定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。
予めご了承くださいませ。営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く)
お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。転載、二次利用することはご遠慮ください。
浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。
reCAPTCHA で保護されています。プライバシーポリシー/利用規約

[休診] 日・祝祭日

学会参加などで、臨時休診する場合があります。
獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

[休診日の診察]

グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

ドッグギャラリークリニックについて

専門医療診察は一部予約制になります。
前もってお電話でご予約下さい。

浜松市近郊で犬・猫のがん治療を中心とした外科治療は浜松家畜病院へ

浜松家畜病院(はままつかちくびょういん)
浜松家畜病院 診断書診療一覧
お電話でお問合せ