症例紹介院長のブログ

2019.06.11

涙が止まらない!眼瞼内反症の手術

 

涙が止まらない「眼瞼内反症」について

  涙がたくさん出ている状態を「流涙症」といいます。 流涙症が起きる原因には、目のまわりの毛(睫毛乱生、睫毛重生)やまぶたの形の異常(眼瞼内反症、外反症)などがありますが、柴犬・ポメラニアンなど多くの犬種に好発する「眼瞼内反症」は悪化するとイタ〜い角膜炎に進行します。  

予防と治療

軽症の場合は、目の周りに付着した涙を柔らかいコットンで拭きとり、清潔を心がけましょう。 遺伝性内反症は子犬に起きることが多く、簡単な処置を施すことで改善することもあります。
後発性内反症は成犬に発症し、悪化してから気づくことが多いため、早めの対応が必要となります。  

症例

  15歳の柴犬、突然左の目から涙が止まらなくなり、痛そうとのことで来院されました。
後天性の眼瞼内反症により、重度の角膜炎になってしまっています。
高齢のため、まずは角膜炎の治療を行いましたが、なかなか完治しません。
局所麻酔での「アイプチ手術」でまぶたを広げてあげると、一時的に改善が見られました。
そこで、思い切って麻酔をかけての外科手術を行いました。


 

手術中画像ですので、苦手な方はご遠慮ください。 クリックすると大きな画像が開きます。

 

上まぶたをパッチリするため、短くトリミングする手術を施しています。

 

手術後はぱっちりおメメになりました!  

 

 

 

 

眼瞼内反症の治療など、犬猫の病気の治療をどうすれば良いか分からない場合は、いつでもご相談ください。 かかりつけ病院をお探しの方、近郊であれば下記リンクをご覧いただき、問診フォームからお問合せ・ご予約をお願いいたします。 すでに他の病院にかかられている方でも、どのように治療を進めていけば良いかのアドバイスやセカンドオピニオンなど、サポートをお探しのあなたにお役に立てるかもしれません。  

 

RECRUITトータルペットケアセンター採用情報スタッフ募集中

MESSAGE FROM THE OWNER

INQUIRY FORM

この「問診フォーム」は簡易的な問診です。実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。

お問い合わせ内容必須

お問い合わせメッセージ任意

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。
定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。
予めご了承くださいませ。営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く)
お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。転載、二次利用することはご遠慮ください。
浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。
reCAPTCHA で保護されています。プライバシーポリシー/利用規約

[休診] 日・祝祭日

学会参加などで、臨時休診する場合があります。
獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

[休診日の診察]

グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

ドッグギャラリークリニックについて

専門医療診察は一部予約制になります。
前もってお電話でご予約下さい。

浜松市近郊で犬・猫のがん治療を中心とした外科治療は浜松家畜病院へ

浜松家畜病院(はままつかちくびょういん)
浜松家畜病院 診断書診療一覧
お電話でお問合せ