院長のブログ

2015.03.15

ビション・ジスキネジア(ビションの運動障害)

先日、ビションフリーゼが「震える」と言うことで来院されました。

「部分発作」または「white shaker dog syndrome(白い犬の震え症候群)」の疑いで経過観察となったのですが、

調べていたら変わった病気を見つけました。

 

ビションフリーゼの不随意性運動障害

「どんな犬種にも起きる可能性がある病気「不随意性運動障害」だが、ビションフリーゼでの1例発表がある。症状は致命的とはいえないようだが、犬と飼い主にとって苦痛となるかもしれない。」とのこと。

アメリカのビションフリーゼクラブでは10頭以上の発症を把握しているようですが、この病気は非常にまれのようですから、

ひとまず、ビションフリーゼのオーナーさん、ご安心ください。dog_Bichon_Frise

ただし、ビションフリーゼクラブは大変熱心に遺伝学を研究をしているらしく、

下記の症状が見られたら、この病気を疑ってBFCA Health Committeeに情報が欲しいそうです。(代行はいたしかねます)

 

 

  • はじめは肘や膝(一本の足)の屈曲、または胸椎の屈曲「猫背」として発病
  • 肘や膝を強く屈曲したり、すばやい屈伸をする
  • しばしば顔半分のゆがみ
  • しばしば患肢の改善とともに、他の肢に発症
  • ぎこちない歩き方
  • 意識は正常である
  • すぐに改善して、後遺症はのこらない
  • この症状は1日のうち、10回のこともあれば、起きないこともある
  • 症状はリラックスしているときに起きるが、散歩など興奮時に起きることもある

 

なんだか、すごく「あいまい」な症状ですが、命に関わることはなさそうですDyskinesia in an adult BF

 

ただし・・・

脳の病気などの他の病気が潜んでいる可能性はあるので、

かかりつけ医や神経専門医に診察を受けるのが、お勧めですよ。

RECRUITトータルペットケアセンター採用情報スタッフ募集中

MESSAGE FROM THE OWNER

INQUIRY FORM

この「問診フォーム」は簡易的な問診です。実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。

お問い合わせ内容必須

お問い合わせメッセージ任意

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。
定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。
予めご了承くださいませ。営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く)
お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。転載、二次利用することはご遠慮ください。
浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。
reCAPTCHA で保護されています。プライバシーポリシー/利用規約

[休診] 日・祝祭日

学会参加などで、臨時休診する場合があります。
獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

[休診日の診察]

グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

ドッグギャラリークリニックについて

専門医療診察は一部予約制になります。
前もってお電話でご予約下さい。

浜松市近郊で犬・猫のがん治療を中心とした外科治療は浜松家畜病院へ

浜松家畜病院(はままつかちくびょういん)
浜松家畜病院 診断書診療一覧
お電話でお問合せ