家畜病院裏ブログ

2016.04.04

いいことあるかも?双子卵

こんにちは。

先日、当院の患者様からお礼にと卵をたくさん頂きました。感謝です。

さて、いざ食してみようと割ったところ、なんと!

 

IMG_7704

 

双子卵!すごいラッキー

しかし、さらに驚くことに、

頂いた多くの卵が双子卵でした。

 

なぜそういうことが起こるのか、

とても興味深いので調べてみました。

双子卵を獣医学的に説明すると、

 

・卵を産み始めた産卵初期の若い鶏(5ヶ月齢ほど)は、複黄卵を産みやすい

→ 中には、3つ以上の複黄卵もある

・原因は、産卵に関わるホルモンの不安定な分泌

・食べることに関して、何の問題もない ← ここ大事 むしろ大きくてラッキー

・複黄卵の多くは、孵化しない

 

ということでした。

ギネスブックには、なんと9黄卵が登録されているそうですよ。

ちなみに初産から2ヶ月ほど経つと、産卵に関わるホルモン分泌が安定し、複黄卵は産まれなくなるそうです。

 

まとめると、双子卵の正体は、若い鶏のホルモン分泌が不安定になった結果、産まれる卵。

とは言っても、双子卵は全体の1%ほど!

確率的には、やっぱりラッキーと考えるべきでしょうね。

以上、獣医学の豆知識でした。

 

 

MESSAGE FROM THE OWNER

INQUIRY FORM

この「問診フォーム」は簡易的な問診です。実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。

お問い合わせ内容必須

お問い合わせメッセージ任意

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。
定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。
予めご了承くださいませ。営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く)
お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。転載、二次利用することはご遠慮ください。
浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。

[休診] 日・祝祭日

学会参加などで、臨時休診する場合があります。
獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

[休診日の診察]

グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

ドッグギャラリークリニックについて

専門医療診察は一部予約制になります。
前もってお電話でご予約下さい。

浜松市近郊で犬・猫のがん治療を中心とした外科治療は浜松家畜病院へ

浜松家畜病院(はままつかちくびょういん)
浜松家畜病院 診断書診療一覧
お電話でお問合せ