静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

News

最新の記事一覧

ピンポンパンポ~ン

浜松家畜病院に併設している浜松トリミング専門学院では、

トリミングのモデル犬として80頭近くの学院犬達が、

飼育されているのですが、その学院犬達の中から6才~9才までの

里親を募集しております

IMG_4519

 

優しい飼い主さんだといいなぁ~

 

小さいころから、たくさんの犬達の中で育ち、たくさんの生徒達やスタッフ達に接してきたので

咬みつくような犬は、1頭もいませんし、性格も明るい犬達ばかりです

しかし、たくさんの犬達がいると、やはり一般の家庭犬のように

飼い主が1頭の愛犬に愛情を注ぐような生活を知らないで年をとっていくのが事実なんです

今まで学院犬として、頑張ってきてくれた犬達に、今度は恩返しとして優しい飼い主さんのもとで

幸せに暮らしてほしいというスタッフ一同の思いから里親募集に踏み切りました

ご関心のある方は、浜松家畜病院までご連絡下さい

犬種、年齢、性別、里親に出すうえでの条件等、詳しくはスタッフまで

 

 

 

最新の記事一覧

P1180047

 

あけましておめでとうございます

本日より2015年の診察が始まりました

 

今年も真摯に獣医療に取り組んでまいりますのでよろしくお願いいたします

 

 

最新の記事一覧

おまたせしました

浜松家畜病院、月に1度のお楽しみ~

パピーパーティーも3回目となりましたぁ

先日、12月6日(土)のPM 13:00~14:00 浜松家畜病院 2Fの多目的ホールにて開催

今回は、4頭の元気なワンコ達が参加してくれましたよぉ

それでは、ワンコ達の登場で~す

IMG_4475

 

 

前回に引き続き参加してくれた、トイプードルのエイムく~ん

IMG_4369

 

 

黒くて小っちゃいトイプードルの大翔(つばさ)く~ん

IMG_4467

 

 

ボーダーコリーのボンドく~ん

IMG_4397

 

そして、そして我らが浜松家畜病院のアイドルマルチーズ のお米と書いて(おこめちゃ~ん)・・・そのままか(笑)

 

 

実は今回うれしい出来事があったのであります

前回怖くて動けなかったエイムくんが・・・IMG_4419

自分からしっぽを上げて他の飼い主さんの手にオヤツを食べに行ったのでありますきゃーえらいぞ~エイムく~ん

さらに、さらに他のワンコの挨拶行動を引き気味ながらも、逃げる事無く

頑張って受け入れたのです

IMG_4394

 

 

大翔(つばさ)くんも上手に挨拶出来てますね

 

ここで、ざっくりと犬の挨拶行動についてのお話です

知らない犬同士が出会った時に、まず、お尻の匂いを嗅ぎに行き、

次に口元に近づき匂いを嗅いで、敵意がないことを示すことで

お互いフレンドリーに遊べる関係になれるのです

エイムくんの飼い主さんも、「この時期にパピーパーティーに参加することが、

いかに大切か実感しました」と嬉しそうでした

こういうコメントを頂くと私達スタッフも、次のパピーパーティーも頑張ろうと励みになるのであります

 

今回参加してくれたワンコ達、みんな明るくていい子達ばかりで、

怖がったり、動けなくなるワンコは、一頭もいませんでした

image

 

最後は、全員集合写真でお別れで~す

 

我らがお米ちゃんは、終始マイペース・・・いよっさすがアイドル(笑)

 

次回のパピーパティーは、

1月31日(土) PM13:00~14:00

浜松家畜病院 2F 多目的ホールにて

 

興味のある方は、浜松家畜病院までご連絡下さい。

 

 

 

 

 

 

最新の記事一覧

更新がとーっても遅くなりましたが!

 

12月9日

テレビ「中居のミになる図書館」に

当院併設の浜松トリミング学院の客員教授

内田明彦先生が「犬回虫」についてお話ししました

ご覧になられましたか?

images.jpg内田先生

 

 

犬回虫は、内部寄生虫の中では比較的ポピュラーな存在です

感染している母犬から、胎盤やおっぱいを介して感染します

また、人間にも経口感染がみられます

  • 感染した犬とチューをする
  • 感染した犬を触った手を洗わなかったことで口に入り感染

などなど・・・

感染力も強くこわいですね

 

回虫の駆除はいろいろな方法で行うことができます

フィラリアの薬での同時駆虫・予防

内服や背中に付けるスポットタイプの薬

その子に合った方法で駆虫・予防をしていきましょう

 

内部寄生虫の予防に不安がある方は、お気軽にお尋ねください

 

最新の記事一覧

皮膚治療「MMD」のご紹介です

 

MMDとは3つの外用薬を組み合わせたスキンケア

 

長期服用を避けたい内服薬のステロイドを服用せず、外用薬のステロイドを使った治療方法になります

 

この治療で皮膚表面についた雑菌やマラセチアを減らすこと、炎症を抑えること、さらに厚くなった角質を正常化することが期待できます

そのため、色素沈着と苔癬化を伴う、慢性期アトピー皮膚炎・脂漏症の子におすすめしています

 

▼MMD療法▼

  • 週1回の通院  (午前中にお預かりし、夕方お迎えに来ていただきます)
  • 計8回施行  (その後2週間4週間と間隔をあけて継続する事お勧めします)

 

 

 

 

当院でのMMD実施の症例をご紹介いたします。

 

シュウちゃん柴犬の女の子です

9月上旬から治療を始めました

P1090283 P1090294 P1090393

 

 

 

11月の写真

お尻周り、目の周り等皮膚のごわごわが改善し、発毛してきました

かゆみも落ち着いてきたようです。皮膚のピンクになってきましたね

 

 

P1120151 P1120153佐々木シュウ (4)

 

お家の子の皮膚病に悩んでいる方、興味がある方はお気軽にお問い合わせください