ワンちゃんに負担をかけず
大きな傷を残さない
内視鏡治療endoscopic treatment

  • POINT01

    傷をつくることなく
    異物を摘出することができます。

  • POINT02

    消化管を内側から
    観察することが
    できます

  • POINT03

    生検を併用し
    的確な診断が
    可能です

  • POINT04

    その他の鼻、耳、気管膀胱などの検査も可能です。

たとえば、こんな悩みを抱えているあなたへ。THERE IS SUCH A TROUBLE

盗み食いをしてしまった。
数日間、嘔吐下痢が続いてしまっている。
「開腹手術しかありません」と言われた。

浜松家畜病院の治療HOSPITAL TREATMENT

負担の少ない方法で正確な検査や病気の治療を行います。

消化器内視鏡は動物にとって負担の少なく、消化管の内腔を検査することが
できます。
上部消化管(口腔、食道、胃、十二指腸)と下部消化管(直腸、結腸、盲腸、
回腸)を観察することが可能です。

リアルタイムで病変がみとめられたら組織生検を行い、病理検査に
提出します。
その他、感覚器(耳)・呼吸器(鼻・気管)・泌尿器(尿道・膀胱)にも
応用されます。

動物にとって
負担の少ない方法です。

浜松家畜病院 内視鏡治療

この治療を選択される場合は次のことに注意くださいPLEASE UNDERSTAND

  • 基本的に術前検査(血液検査、凝固系
    検査、エコー検査、X線検査、心電図
    等)を行い、麻酔リスクを
    評価します。
    治療のメリットが、麻酔リスクを明らかに上回ることがほとんどですが、手術前には麻酔リスクをしっかり評価しておくことが重要です。

  • 内視鏡が届く範囲は限られ、身体の
    大きさにも影響されます。
    一般的な体重10kgくらいまでの
    小動物では、下記が観察対象の
    範囲となります。

    口腔内、食道、胃、十二指腸、
    空腸移行部、回盲部、盲腸、結腸、
    直腸

  • 内視鏡により異物摘出を行える場合も
    あれば、異物が大きい、腸まで流れて
    しまったなどの理由で、摘出できない
    場合もあります。
    その際は、開腹手術に移り、胃切開や
    腸切開などの外科治療が必要に
    なります。

受診される飼い主様に
ご了承いただきたいことPLEASE UNDERSTAND

開腹せずに行うことができるため動物に優しい治療ですが、麻酔が必要になります。
消化管を観察するためにも、(緊急時を除いて)絶食が必要です。
異物が大きすぎる場合など、開腹手術が必要になる場合もあります。

内視鏡治療の特徴CHARACTERISTICS OF TREATMENT

POINT01

傷をつくることなく
異物を摘出することができます

緊急時の異物の摘出、何かを食べてしまって
吐きだせない時など胃切開を行わずに、胃内異物を
摘出することが可能です。
誤食する子はたびたび繰り返す傾向があり、そのたびに
お腹を開けていては大変ですから、内視鏡は体に優しい
治療となります。
もちろん誤食を繰り返してしまう子は、当院での
問題行動の治療もご紹介させて頂きます。

POINT02

消化管の内側を
観察することが
可能です

原因不明の嘔吐、下痢など病気の原因を探るためには、
胃や腸などの消化器粘膜(内側)を内側から観察する
ことが有効です。
また、小さな異物や寄生虫なども発見することが
可能です。

POINT03

生検を併用し
的確な診断が
可能です

浜松家畜病院 内視鏡治療 生検

人と同じく、動物にも胃や腸などの消化器腫瘍が
発生することがあります。
内視鏡を用いて腸や胃の壁面などにできたポリープの
切除や一部細胞を採取して検査します。

POINT04

その他の鼻、耳、気管膀胱などの検査も可能です

内視鏡の一種である硬性鏡も併用して、鼻・喉・耳の
中にある異物や腫瘍の治療を行います。
その他、気管内ステントの設置や膀胱手術の際にも
内視鏡を併用することで確実な手術が可能です。

治療がスタートするまでUNTIL THERAPY STARTS

きめ細やかな検査で
飼い主さまに
丁寧にご説明します。

  1. STEP1

    浜松家畜病院 麻酔前検査

    麻酔前検査を行います

    血液検査、エコー検査、レントゲン検査等を行います。

  2. STEP2

    浜松家畜病院 内視鏡診断

    異物誤食がないか確認します

    内視鏡検査で異物誤食が見つかったら、異物鉗子で摘出します。

  3. STEP3

    浜松家畜病院 病気の診断

    病気の診断

    内視鏡やカメラで胃や腸の状態を観察し、組織の一部を採取して
    病理組織診断を行います。

飼い主さまからのメッセージMESSAGE FROM THE OWNER

ビーグル

拾い食いで悩み、受診

プラスチック袋を食べてしまい
受診しました。胃カメラで
取ってもらい安心しました。
(ビーグル/オス/6才)

内視鏡治療にかかる費用ENDOSCOPIC TREATMENT COST

麻酔前検査 8,000~15,000円(税抜き)
異物 20,000円(税抜き)
生検 25,000円(税抜き)

MESSAGE FROM THE OWNER

INQUIRY FORM

この「問診フォーム」は簡易的な問診です。実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。

お問い合わせ内容必須

お問い合わせメッセージ任意

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。
定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。
予めご了承くださいませ。営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く)
お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。転載、二次利用することはご遠慮ください。
浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。

[休診] 日・祝祭日

学会参加などで、臨時休診する場合があります。
獣医師シフト表で臨時休診日をご確認下さい。

[休診日の診察]

グループのドッグギャラリークリニックで対応します。

ドッグギャラリークリニックについて

専門医療診察は一部予約制になります。
前もってお電話でご予約下さい。