静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

News 症例紹介

最新の記事一覧

こんにちは。

獣医師の竹田です。

今回は、自壊した体表部の腫瘍の緩和的な治療として、モーズ軟膏を紹介したいと思います。

参考文献:「体表の自壊した腫瘤に対するMohs ペーストの有用性」

 

一般的に、体表部にできた腫瘍の第一選択となる治療は、外科切除です。

しかし、外科切除によるメリット(即座に腫瘍組織を最大限摘出できるなど)、デメリット(麻酔が必要、侵襲性がある、一時的なQOLの低下など)を考えると、中にはデメリットが上回ってしまう症例もいます。

そういう場合に良いとされる緩和的な治療方法が、モーズ軟膏です。

 

モーズ軟膏は、1930年代にアメリカの外科医モーズが考案し、皮膚がんなどを化学的に固定して腫瘍からの出血、感染、悪臭や疼痛などを抑制し、末期患者のQOLの改善を目的として応用されています。

 

モーズ軟膏の作成に必要な材料

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-26-19-53-22

方法

まずモーズ軟膏を作成します。

患部を洗浄し、自壊した部分以外の正常な皮膚にワセリンなどを塗布します。

自壊した部分を覆うようにモーズ軟膏を塗布し、10分程度放置した後、ガーゼで拭き取り、洗浄して処置が終わります。

 

ここで症例をご紹介します。

プロフィール:ミニチュア・ダックス、17歳、避妊メス(避妊手術は11歳時

img_1218

 

主訴:左第2乳腺に、増大傾向を示し、底部固着、自壊した乳腺腫瘍を認め、来院。

仮診断:おそらく高悪性度の乳腺腫瘍

治療方針:モーズ軟膏塗布による緩和的治療

 

img_1202

処置前

 

img_1199img_1207

モーズ軟膏塗布

 

img_1217

処置後

 

自壊し、感染、出血があった部分は、モーズ軟膏により固定され、抑えられているのがわかります。

もう少し若く、元気があれば外科切除が第一に選択されますが、老齢で、積極的な腫瘍組織の外科切除によって予後がさほど延長しないと予測される場合には、安価で容易に行えるモーズ軟膏は患者にとっても飼い主にとっても非常に良い選択肢であると思います。

今後は、寿命を全うするまでモーズ軟膏を定期的に塗布し、QOLを改善することが重要です。

 

余談ですが、犬や猫において、乳腺腫瘍は、若齢時に避妊手術を行うことで発生リスクが抑制されることが報告されています。

✳︎犬の避妊手術のタイミングと乳腺腫瘍発生率の抑制

1回目の発情前の避妊手術 0.05%

2回目の発情前の避妊手術 8%

3回目の発情前の避妊手術 26%

3回目の発情以降の避妊手術 抑制効果なし       Brody RS JAVMA 1983

 

当院では、新しく子犬、子猫を迎え入れた方に、子供を産ませない場合、不妊手術をお勧めしております。

疑問点などあれば、パピーパーティや診察時にお聞き下さい。