静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

News 症例紹介

最新の記事一覧

2017.2.20

口のできもの

こんにちは。獣医師の竹田です。

今回は、口にできものができた犬の症例について紹介したいと思います。

 

症例:Mix、7歳、去勢オス

IMG_2079

 

主訴:下顎先端にできものができ、一ヶ月間で大きくなってきた

IMG_2081 IMG_2082

 

X線検査:局所の明らかな骨融解像は、認められず

late SKULL GEN.DOC W16

 

細胞診:細胞集塊は採取されず

 

治療方針を決定するため、麻酔下で一部切除生検を実施

 

病理組織診断:棘細胞エナメル上皮腫(歯肉に発生する歯原性上皮由来の腫瘍で、転移はしないが、局所の骨組織に浸潤するため、場合によっては一部顎骨の切除も必要となる)

 

治療:外科切除(下顎切歯レベルの腫瘍の辺縁切除と底部骨組織の搔爬)

ちなみに放射線感受性が高いため、放射線治療も有効ですが、高価であることと遠出が必要です。

IMG_2086

 

術前

IMG_2084

術後

IMG_2087

 

切歯は無くなりましたが、外貌の変化はほとんどなく、また局所麻酔も使っているため、術後は何事もなかったかのように綺麗な顔で退院しました。

IMG_2249

 

以上、外科治療が有効な腫瘍のお話でした。