静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

トレーニング 子犬を迎えたら

最新の記事一覧

子犬を飼い始めたら大事になってくるものが 「しつけ」ですsign01

子犬のうちにやっておくことはた―――くさんあります 8-O

やって損なものは1つもありません!

言葉を話すことのできないわんちゃんに

やってもいいこと  と  やってはいけないこと  を教えてあげることが大事です

ここが曖昧になってしまうとわんちゃんは混乱してしまうので注意が必要ですflair

 

さて今回はホールディングについてです☆

ホールディングとは簡単にいうと「抱っこ」です。

これは犬とのコミュニケーションを図る基本的なものの1つになりますのでオススメです♪

 

正しいホールディングの図

胸の前で手を組みしっかりと押さえますsign01

この段階で暴れたり手を噛んできたりしても大人しくいられるようになるまで練習します。

そして体を拘束されることを受け入れさせていきます☆

 

初めてホールディングをするとすんなり受け入れる子もいますが

ヤダヤダ――――離して――――やめて――――

バタバタ暴れてしまう子もいます :roll:

そんな時にビックリして抑えられずに離してしまうのは・・・


NGです

わんちゃんが暴れる ⇒ 飼い主さんが犬を離してしまう

これを繰り返しやってしまうとわんちゃんの頭の中では

嫌なことをされたら暴れれば離してくれるかも!!?と間違った学習をしてしまいます

その結果ホールディングをやると力いっぱい暴れる様になりひどくなると叫び声をあげたり咬みついてきたりと

エスカレートしていきますsweat01

 

ホールディング練習の時に暴れてしまう場合は暴れても離してしまわないように

このようにしっかりと抱え込んであげるといいでしょうflairflair

それでも難しい場合は2人で行ってもいいです

大事なのは諦めさせる事ですpaper

中途半端にしてしまうのが1番もったいないですよ~!!

 

そして全身の力が抜け諦めた時におやつをあげることで

これが正しいことだよ!と教えることが出来ますnotesnotes

これは1日に長時間たまーにやるよりも

毎日短時間でも続けて行う事が大事です :lol:

テレビをみながらや音楽を聞きながらなど、1日5分でも10分でも行うことが重要ですsign03

繰り返し行うことでわんちゃんは抱っこされること、拘束されることを受け入れホールディング状態で

リラックスすることができるようになります(^▽^)/

全身の力が抜け完全にリラックスできるようになればOKですnote

 

元気いっぱいパワフルわんちゃんも練習をすることで必ず大人しくホールディングができるようになりますよ!

ぜひトライしてみて下さい :-D