静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

子犬を迎えたら

最新の記事一覧

避妊手術は、ミニチュアダックス女の子の子宮と卵巣(動物病院によっては卵巣のみ)を摘出する手術です。

手術は一般的に、全身麻酔をかけてお腹を開けて行います。

避妊手術を行うと、女性ホルモンを分泌する卵巣がなくなるために発情もなくなり、

妊娠や女性ホルモンに関連して起こる病気や行動を抑えることができるといわれています。

 

 

【避妊手術の時期】

ワンちゃん・ネコちゃんは、一般的に生後6-10ヶ月で初めての発情を迎えます。

これより前に避妊手術を行うと、乳腺腫瘍になる確率が低くなるといわれていますので、

海外では6ケ月令以下での手術が推奨されています。

日本では多くの動物病院が6か月齢での避妊手術をお勧めします。

 

この時期は乳歯が抜けて永久歯可愛い歯3に生え変わる時期でもありますので、手術のついでに

チェックチェックしてもらうとよいでしょう。

ただし、手術は全身麻酔をかけて行うため、ワンちゃん・ネコちゃんの体調が良好♥akn♥なときに

行なうとよいでしょう。

また通常、手術後のケアや抜糸までの通院などがあるため、飼い主さまも時間的な余裕をも持って

手術に臨む必要があります。

 

手術の時期については、動物の体調などが大きく関わってくるので、検診をかねて一度、ご相談ください。

※    犬ワンちゃんでは発情が訪れると、陰部からの出血がみられます。

この出血を発情出血(生理)といいます。

びっくり猫ネコちゃんは、発情が訪れた場合でも陰部からの出血はみられませんが、

大きな声で鳴いて体をゴロゴロと床にこすりつけたり、腰の辺りを触るとお尻を持ち上げる

ような動作をします。

 

また避妊手術については、一般的に次のようなメリットとデメリットがあるといわれています。

 

 

【避妊手術のメリット】

・発情がなくなる

・不必要な交配・妊娠を避けられる

・生理が訪れた後の偽妊娠と呼ばれる症状をなくすことができる

・子宮蓄膿症という子宮の中に膿が溜まる病気を予防できる

・卵胞嚢腫などの卵巣疾患を予防できる

・ 乳腺腫瘍の発生率を低下させることができる

(1回目の発情前に避妊手術をすることで、発症率が非常に低下するが、

年齢を重ねてからの避妊手術では発症率に変化は見られないといわれています)

 

 

【避妊手術のデメリット】

・ 全身麻酔のリスク

・ 避妊手術後は手術前よりも代謝エネルギー量が減り、太りやすくなる傾向にある

ただし、・・・

全身麻酔に関しては、術前の検査や検診を行なうこと!

肥満に関しては、手術後に食事の量を調節していただくこと!

適度な運動を続けること!で、リスクが軽減できます。

 

最新の記事一覧

去勢手術は、♂青男の子の精巣を摘出する手術です。

 

手術は麻酔をかけて精巣付近の皮膚を切開して行います。

去勢手術を行うと男性ホルモンの分泌が減って、男性ホルモンに関連して起こる病気や

行動を抑えることができます。

 

【去勢手術の時期】
ワンちゃん・ネコちゃんの場合、個体差はありますが、

通常生後6-10ヶ月で性成熟を迎えるといわれています。

そのため、海外では6ケ月齢以下での手術が推奨されています。

日本では多くの動物病院が6か月齢での去勢手術をお勧めします。

この時期は乳歯が抜けて永久歯に生え変わる時期でもありますので、

手術のついでにチェックしてもらうとよいでしょう。

 

手術は全身麻酔をかけて行うため、ワンちゃん・ネコちゃんの体調が良好カスパー103なときに行ないましょう。

また、手術後のケアや抜糸までの通院などがあるため、飼い主様も余裕をもって

手術に臨むことが必要となります。

手術時期については、ワンちゃん・ネコちゃんの体調や個々の成長の程度なども大きく関わってくるので、

検診をかねて一度、ご相談ください。

去勢手術については一般的に次のようなメリットとデメリットがあるといわれています。
【去勢手術のメリット】

・放浪やケンカなどの行動を抑える

・マーキングやマウンティングの改善

※行動の問題は全てのどうぶつで改善するとは限りません、飼主様が行うしつけが最善の治療です。

・肛門周囲腺腫という腫瘍の発生率を低下させる

・前立腺の病気(前立腺肥大など)の発生率を低下させる

・会陰ヘルニアを予防できる

・精巣腫瘍を予防できる

 

【去勢手術のデメリット】

・全身麻酔のリスク

・避妊手術後は手術前よりも代謝エネルギー量が減るため、肥満になりやすい

 

ただし、・・・

全身麻酔に関しては、術前の検査や検診を行なうこと!

肥満に関しては、手術後に食事の量を調節していただくこと!

適度な運動を続けること!で、リスクが軽減できます。

 

手術の模様はこちら  → 

 

宏実先生今回も関係ない話満載でお送りしていますにっしっし

 

最新の記事一覧

最近はペットを飼う人のほとんどが、若いうちに去勢・避妊手術を受けさせるために来院されます。

   ⇒去勢手術のメリット・デメリット   ⇒避妊手術のメリット・デメリット

 

多くの動物病院では血管を止血する際、縫合糸でしばる方法(結紮といいます)を使用します。

 

近年、結紮時に体内に残った糸が引き起こす「縫合糸反応性肉芽腫」という病気がたくさん報告されるようになりました。

とくにミニチュア・ダックスに多いとされています。

 

去勢・避妊手術の数ヶ月~数年後、お腹や背中の皮膚にしこり(肉芽腫)ができたり、穴が開いて膿が出たりします。

これらは体の中に残った糸に対する、過剰な異物反応だと考えられています。

もし、このような症状が出たら、手術で再度糸を摘出しなければなりません。

また、摘出が不可能なほど癒着している場合はステロイドや免疫抑制剤を飲ませてコントロールしていきます。

この投薬はほとんどの場合一生の投薬となります。
この「縫合糸反応性肉芽腫」はミニチュアダックスフンドに非常に起こりやすいと考えられていますから、

ダックスフンドの手術は(不妊手術に限らず)十分注意して縫合糸の選択と無菌操作を行う必要があります。

その他にもチワワやプードルなど多くの犬種で報告されていますので、確率は低いといえども、

すべての犬種で「縫合糸反応性肉芽腫」を予防することが、動物に優しい治療と言えるかもしれません。
浜松家畜病院では”質の高い縫合糸”を使うことで「縫合糸反応性肉芽腫」の発症を抑えてきましたが、

 

数年前からは”体内に糸を残さない去勢・避妊手術”をすべての飼い主さんに実施しています。

 

この手術は、人の手術でも使われる血管シーリングといわれる組織融合技術(LigaSure)を応用して、

 

安全・確実に血管、リンパ管、組織を永久的に融合し、体内に糸を残さない手術方法です。

 

当院では、この血管シーリング機械「LigaSure」の最新システム「Valleylab’s ForceTriad Energy Platform」を、

 

全ての手術に応用して実績を上げてまいりました。

forcetriad

Forcetriad エネルギープラットフォーム


 

この写真はシーリング機械を使って避妊手術を行っている写真です。

 

ちょうど卵巣の付け根をシーリング鉗子ではさんだところです。

血管をシールしたところ

血管をシールしたところ


 

従来はこの部分を糸で結紮していました。

 

下の写真は血管をシールした組織の顕微鏡写真です。

 

血管と周囲の組織がきれいにシールされていることがわかります。

 

この血管シーリングは900血圧まで耐えることができますので、

 

糸による結紮と変わらず、非常に安全に手術を行うことができます。

顕微鏡で拡大したところ

顕微鏡で拡大したところ


「Valleylab’s ForceTriad Energy Platform」は、医学の分野では2011年に世界で2万台以上販売されたそうです。

 

まだ、動物病院ではあまり導入されていない機械ですが、非常に安全で迅速な手術が可能になります。

 

浜松家畜病院ではこのほかにも、

 

痛みの少ない光線温熱療法(リンク)や

 

出血を抑えるCO2レーザー手術(リンク)など、

 

動物に優しいテクノロジーをたくさん応用しています。