静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

家畜病院裏ブログ

最新の記事一覧

5月より試験的に予約システムを導入いたしました。

 

 

現在は特別診療のみ受付しております

 

一般診療は従来通り予約の必要はありません。

 

診療日の2日前までご予約いただけます。

 

※他の診察状況により待ち時間が出る場合がございますのでご了承ください。

 

↓下のバナーから専用ページに移動出来ます

無題

最新の記事一覧

こんにちは。

先日、当院の患者様からお礼にと卵をたくさん頂きました。感謝です。

さて、いざ食してみようと割ったところ、なんと!

 

IMG_7704

 

双子卵!すごいラッキー

しかし、さらに驚くことに、

頂いた多くの卵が双子卵でした。

 

なぜそういうことが起こるのか、

とても興味深いので調べてみました。

双子卵を獣医学的に説明すると、

 

・卵を産み始めた産卵初期の若い鶏(5ヶ月齢ほど)は、複黄卵を産みやすい

→ 中には、3つ以上の複黄卵もある

・原因は、産卵に関わるホルモンの不安定な分泌

・食べることに関して、何の問題もない ← ここ大事 むしろ大きくてラッキー

・複黄卵の多くは、孵化しない

 

ということでした。

ギネスブックには、なんと9黄卵が登録されているそうですよ。

ちなみに初産から2ヶ月ほど経つと、産卵に関わるホルモン分泌が安定し、複黄卵は産まれなくなるそうです。

 

まとめると、双子卵の正体は、若い鶏のホルモン分泌が不安定になった結果、産まれる卵。

とは言っても、双子卵は全体の1%ほど!

確率的には、やっぱりラッキーと考えるべきでしょうね。

以上、獣医学の豆知識でした。

 

 

最新の記事一覧

こんにちは。   またまたご無沙汰してしまいましたがーん

と!言い訳がましくなる前に

すみません ちゃんと先に謝っておきます

今回は本題へ 我が家のプーはK9ナチュラルを食べています

k9ナチュラル 

 

画像はお借りしました「k9ナチュラル」の画像検索結果

なんでK9ナチュラルかって??? 答えは簡単!!!

美味しそうだから!!!!

フードのあのカリカリ感 自分だったらあんまり美味しくなさそうという 獣医にあるまじき 犬の擬人化・・・ぁ

欠点は・・・手間がかかる事と 金額でしょうか???

気になる方は病院でも置いてありますので お声掛けください!!!

 

もっと語りたいフードの話は、なが~~くなってしまうので これはまたの機会に

 

隣の家の晩御飯並みに知りたい   隣の家の犬飯

人のご飯だって難しいのに

ワンコのご飯 奥が深いです

でも人にも(我が家の事も達にも)通じる事なので

しっかりと学びたい分野ですよね

 

 

特に酵素の話とか・・・・ こんなことなら、大学の頃もっと分子生物学とか、栄養学とかもっと真剣に学んでおけばよかったと後悔しております

もちろん勉強しておけばよかったは他の教科

 

 

そんなわけ(どんなわけ)で

 

 

我が家の一員となったソルさん Gドゥードル 1歳 27キロ

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯の食べる量はプードル親子の 何日分???

我が家の家計は そう・・・・ 破たん 破たんですよ!!!

 

 

かといってフードの質を落とすのも・・・・

と悩んでいたその時

 

害獣であるシカが犬のご飯になるという事をしり、 取り寄せあげてみると

 

ソルさんには合うようで

 

 

 

そこから禁断の?生食の道へ

 

 

でも寄生虫やらウイルスやら心配なので 色々な先生にお話を聞き

 

安全な鹿を求めていた時

武信先生の実家で運命の猟師さんと知り合う事が出来ました

人用に卸している鹿肉を わけて頂けるとのこと

これで家計の破綻を心配しなくて済む!!!!

 

 

 

武信先生が今以上に痩せなくてすむぅ~~~~~!と

あ~~~長かった 本文に行く前にどれだけ~~~長いのと 喝を入れられそうな勢い

 

ソルさんのごはん事情

今は鹿肉だけだと栄養的に心もとないのと

生食の第一人者の先生が 内臓も一緒にとの考えから

k9のトライプを混ぜたものをあげています

 

 

 

 

ソルのための鹿さがしをするうちに

鹿が今置かれている状況や

それを取り巻く環境をしり

自分のでその現場を見てみたいと

鹿の狩猟体験について調べてみると

あるではないか~~~~!!!!

 

 

 

 

 

鹿の狩猟体験

これは参加せねば!!と思い

行ってきました

岐阜県は群上市にある猪鹿庁←コチラ

 

 

このネーミングから、そしてこのロゴから なにやら只者ではない臭いがプンプン

 

 

 

 

え???私たちもですって???

 

 

確かに 命を助けるはずの獣医さん

それが狩猟ですって!!!!

ごもっともな意見ですが 獣医師とは 人と動物の健康に寄与するという獣医師の大きな本分があるのです!!!

 

 

動物のお医者さんはもちろんそれ以外の獣医師の仕事は、

食肉や公衆衛生、水質等々・・・・多岐にわたります

 

 

少し話はそれますが ここが

浜松家畜病院が昔ながらの名前を 引き継いだ由縁でもあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よろしければ こちらをご覧ください      

 

↓ ↓ ↓

 

浜松家畜病院の由来

 

さてさて 話をもとにもどして 鹿のお話

 

色々な検索サイトで 害獣と検索すると 出るは 出るは 鹿・イノシシの嵐

 

 

もともとは天敵であるオオカミの絶滅から

地球温暖化による気候の変化

猟師さんの高年齢化による減少

そして 何年か前に行われた メスの鹿を殺してはいけないという政策により

爆発的に増えてしまった鹿   その被害面積は・・・

 

 

 

主要な野生鳥獣による森林被害面積の推移(平成21~25年度) 

この爆発的に増えてしまった鹿が

木の皮を食べ

農作物を荒す・・・・

鹿も生きる為です

シカ被害(滋賀県01)

が・・・

その為山が砂漠化してしまう事もがーん

その被害を食い止めようと 各自治体で一生懸命策を考えているわけですが・・・・

静岡県毒で鹿を殺す??? ←コチラ

わが県静岡ではこのような策を発表し 色々な議論がされている最中です

ぜひ鹿が可哀そうとか そういった意見だけではなく

長期的にみて みなさんも考えて頂けたらなぁと思っています

今日は狩猟体験のお話という事なので

詳しくはまた今度

いったいいくつのまた今度が出るのでしょう・・・・

鹿の狩猟体験ですが

ここから先は ちょっと いわゆる 心臓の弱い方は見ないでくださいという感じになります

いいでしょうか

猪鹿庁での一日

 もちろん一緒に行ったのは シュヴァルツ家一家

image

上郷のサービスエリアで待ち合わせというのに

そのサービスエリアを見過ごすという  大失態

本当にこの先大丈夫???という幕開けからスタート

そして天気はもちろん

シュヴァ家の次兄がいるので雨

武信先生の晴れ男パワーも負けました

鹿の狩猟体験

もう猪鹿庁さんのブログでも紹介されていますので

内容はこちらをご覧ください

↓ ↓ ↓

猪鹿庁ブログ

武信先生も真剣な表情で写っています!!!

雪と雨の中   軽い自己紹介のあと   生まれて初めてのカンジキを履き

吹き矢と弓矢 そして鹿の生態を学びました

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あたったところは食べれなくなくなるので   首を狙うという事を教わります

 

これがなかなか難しい

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は鹿の足跡の追跡なのですが・・・・

 

私   寒さと   長男のぐずりピークにより   リタイア :cry:

 

 

子供たちの話では

この場所にも鹿や猪の糞があったとのこと

 

結構民家もある場所なので

 

びっくりしました

 

去年は熊の爪痕もあったそうです

 

 

本当に野生の動物達が

 

人里まで下りてきているのだと

 

実感

 

休憩をはさみ

 

今度は

 

朝罠にかかった子鹿の解体

 

 

みんなで黙とうをささげたから解体に取り掛かります

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用するナイフ

部位により使い分けるそうです

 

 

それから

 

こちらが

 

鹿

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

推定1歳の女の子で

 

体も冷たくなっているので

不思議と

 

可哀そうという感覚

私にはなかったです

 

でも長男は

 

動かないことが不思議なようで

 

「ママなんで動かないの???」としきりに聞いていました

 

「死んでしまったのよ」話すと

 

なぜか武信先生のせいに

 

「パパのばか!!!」といい

嫌な時にする行動

必殺

 

つばかけを

 

武信先生の頭に

 

武信先生可哀相

 

 

行動はともかく 彼なりに何か感じたのでしょう

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1歳なのに意外に大きい

 

肢を落とした後は

皮をはぐ作業

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮もはがされると

枝肉という感じがします

 

大学のころ

屠殺場へ行ったのですが

 

その時の方がショックが大きかったような

その時は生を奪う所から見学したからだと思います

 

可哀そうだけど

生がない?ような??

 

うまく言えませんが・・・・

 

 

ただ

 

なんとなく

 

人のエゴ?を感じてしまいます

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供たちも皮をはぐのをお手伝いしました

 

鳥取で死んでしまっている鹿を見ているので

全くの冷静な子供達

 

 

解体が進めば進むほど生の文字はなくなっていきました

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうこうなると

 

次の命を頂くという体験に

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前菜から始まる お酒も飲み放題の宴という体験に突入

 

 

仕事をした後のような ビールの美味しさと

 

それを引き立たせる

 

料理の数々

 

 

(ビールが主役????)

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にこの猪のジャーキー

 

すご~~~~~く美味しかったです

 

 

 

 

宴は進み

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牡丹鍋の登場

 

大学の時に後輩が持ってきてくれた

牡丹鍋

 

あの美味しさが忘れられなかったのですが

 

それに匹敵する美味しさ

 

 

お酒が進むにつれて

 

参加者の皆さんや猪鹿庁の皆さんとも打ち解け

 

楽しい時間を過ごしました

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日の天気は晴れ!!!!

 

 

朝食はこちら

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿のフライッシュケーゼ

 

ドイツに住んでいたシュヴァ母も絶賛の代物

 

お土産に購入

 

(しかし鹿の肢の皮をはいでもらってから、鹿というだけで全く受け付けない利作先生は嫌な顔)

 

 

 

その後は鹿の角を使ったクラフト

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わな体験

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソルさんも

捕まる勢いで遊びます

 

 

さすが

妹は災害救助犬

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然の中にいると お腹がすくのも早く

 

お昼のジビエBBQに

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏に伊豆を訪れた時にも感動した鹿肉のたたき

 

これは

 

本当に美味しい

 

 

害獣であるシカ

その鹿がなぜ害獣になったか

そして害獣になってしまいその数を調整しなければならないとき

 

山に住み

山の恩恵を受ける人たちが考えた

とりくみ

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この中の山で遊ぶ

 

これは大切だなと感じます

 

 

 

 

 

ここには書ききれない色々な事を考えた2日間

 

最後は参加者でディスカッション

 

子供達もしっかりと意見を述べます

 

大勢の大人に交じり

自分の意見を言えただけで

子供達には意味があったと 感じました

 

こちらの狩猟体験

裏の狩猟体験もあるようなので

次回は

そちらに参加したいと思っています

 

 

夏の作文に次女が書いた

 

命を頂く

 

 

学年末でその全文が帰ってきました

 

ちょっとコアな

 

次女のファンの為に

 

この文の紹介で今回の締めくくりを

 

と!その前に

 

私が一番感じたこと

 

美味しいお肉は食べたいけど

自分では動物は殺せない というのはいかがなものだろうと

 

殺せとは言わないけれど

 

現実には目を向けてほしい

 

そんなことを想いました

 

 

そしてそこに携わる人たちの事を少しでも考えてもらえると

獣医師としては嬉しいと感じます

(動物のお医者さんだけが獣医の仕事ではない?)

 

 

次女の作文

写真のアングルが下手で有名な私が撮っているので

そこは許してください!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新の記事一覧

こんにちは

ソルさんの事つらつら書いておりますが

 

我が家には他に2頭の親子がいますプードル

 

ソラを飼い始めたのは ドッグギャラリーで

子犬と飼い主さんの橋渡しをしていたころ

低血糖でよく倒れていたソラさん泣

家に連れて帰っているうちに だんだんと情が移ってしまい

家族に迎えました

 

 

少し病弱だったので

あまり外に連れて行けれず

 

いい社会化をさせてあげれなかったのか汗

少し 犬 人見知りなソラさんです悔しい!

 

 

もちろん ドッグギャラリーで行われていいた

しつけ教室には通いましたよ

 

 

ただ 自分の病院のしつけ教室だと

私の甘えから反省!

ちょっと・・・・

ちょっと・・・・・

通わなくなり

本当 本当 すみません汗

 

 

 

 

だからソラ丸は頑張ろうと

それは それは 本気で誓ったのですおー!!

 

・・・・・・

 

わんこを多頭飼いされている方は 

わかると思うのですが

先住犬が色々なことを教えてくれますよね

 

 

 

だからソラ丸

ソラさんの真似ばかり

それにワをかけて

彼はかなりのマザコンらぶ

 

 

だから・・・・・

というわけで ソルさんは

三度目の正直

という事で

病院のパピーパーティに協力して頂いている

鈴木先生に お願いしたのでしたのでした

(パピーパーティー)

 

 

 

今度はどうなる理解不能

 

ソルさんの

今後に

こうご期待キラキラ

 

チャンチャン

 

 

 

 

あの~~~~プードル親子の名誉の為にお伝えしますが

基本のトレーニングは出来ています

 

ソラ丸なんて 電気つけてって言ったら

ちゃんと電気つけてくれるし

ただちょっとね・・・

ちょっと 自分の縄張りに 知らないワンコが来ると

お怒りになるんです

でも

しつけは いつでも出来るから

ここ あきらめないで 頑張らないと!!!!

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

↓↓ご興味がある方はぜひお問い合わせ下さい↓↓

 

お問い合わせはこちら

最新の記事一覧

こんにちは

今回のテーマ

名づけ やっちまったな~~~~シュナプー の巻

なんでやっちまた~~~~~のかというと

我が家 何回か出てきているように

子供が4人いるんです

そう だから毎日家の中は・・・・・・・げっそり

~宿題は???~時間割は~~~体操服~~~

~~~給食セットは 水筒は???

あ~~~~わんこ達 ぴんくうんちくンしてる~~~~~

てな感じで 誰かの名前が飛び交っています

だから人の名前を間違えるなんてしょっちゅう

そんなわけで どこかへ出かけた時には

名前を呼ぶ回数を 少なくしたいと思ったのが 運のつきえ?*

ワンコは一説には 母音をよく聞き取ると言われれいます

 

我が家のわんこ

すべて  で始まるようにしたら

一度にみんな集まるんじゃないかと

安易なわたしは

そう考えたわけです

で 実際・・・・・

こんがらがって

わけわからなくなります反省!

というわけで

やっぱり

急がばまわれ笑 ちょっと違うか顔文字

要は 横着な考えはダメですね~~~

とはいえ

ソル(大地)という名前は

私達家族は 大変気に入っておりますy’s

ソルも もう今では ソル以外 考えられないですしね*!

 

 

 

image

 

ちなみにワンコの人気の名前ランキング コチラ ⇒ 

 

猫ちゃんは コチラ⇒

 

皆さんの かわいい子供たちのお名前はありましたか????

 

 

 

 

 

 

↓↓ご興味がある方はぜひお問い合わせ下さい↓↓

お問い合わせはこちら