静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

ニュース&トピックス

最新の記事一覧

避妊手術は、ミニチュアダックス女の子の子宮と卵巣(動物病院によっては卵巣のみ)を摘出する手術です。

手術は一般的に、全身麻酔をかけてお腹を開けて行います。

避妊手術を行うと、女性ホルモンを分泌する卵巣がなくなるために発情もなくなり、

妊娠や女性ホルモンに関連して起こる病気や行動を抑えることができるといわれています。

 

 

【避妊手術の時期】

ワンちゃん・ネコちゃんは、一般的に生後6-10ヶ月で初めての発情を迎えます。

これより前に避妊手術を行うと、乳腺腫瘍になる確率が低くなるといわれていますので、

海外では6ケ月令以下での手術が推奨されています。

日本では多くの動物病院が6か月齢での避妊手術をお勧めします。

 

この時期は乳歯が抜けて永久歯可愛い歯3に生え変わる時期でもありますので、手術のついでに

チェックチェックしてもらうとよいでしょう。

ただし、手術は全身麻酔をかけて行うため、ワンちゃん・ネコちゃんの体調が良好♥akn♥なときに

行なうとよいでしょう。

また通常、手術後のケアや抜糸までの通院などがあるため、飼い主さまも時間的な余裕をも持って

手術に臨む必要があります。

 

手術の時期については、動物の体調などが大きく関わってくるので、検診をかねて一度、ご相談ください。

※    犬ワンちゃんでは発情が訪れると、陰部からの出血がみられます。

この出血を発情出血(生理)といいます。

びっくり猫ネコちゃんは、発情が訪れた場合でも陰部からの出血はみられませんが、

大きな声で鳴いて体をゴロゴロと床にこすりつけたり、腰の辺りを触るとお尻を持ち上げる

ような動作をします。

 

また避妊手術については、一般的に次のようなメリットとデメリットがあるといわれています。

 

 

【避妊手術のメリット】

・発情がなくなる

・不必要な交配・妊娠を避けられる

・生理が訪れた後の偽妊娠と呼ばれる症状をなくすことができる

・子宮蓄膿症という子宮の中に膿が溜まる病気を予防できる

・卵胞嚢腫などの卵巣疾患を予防できる

・ 乳腺腫瘍の発生率を低下させることができる

(1回目の発情前に避妊手術をすることで、発症率が非常に低下するが、

年齢を重ねてからの避妊手術では発症率に変化は見られないといわれています)

 

 

【避妊手術のデメリット】

・ 全身麻酔のリスク

・ 避妊手術後は手術前よりも代謝エネルギー量が減り、太りやすくなる傾向にある

ただし、・・・

全身麻酔に関しては、術前の検査や検診を行なうこと!

肥満に関しては、手術後に食事の量を調節していただくこと!

適度な運動を続けること!で、リスクが軽減できます。

 

最新の記事一覧

この可愛すぎる写真

いったいなんだと思います

№1 マウス(ネズミ?)~~~ミッキー

 

№2 マルチーズの赤ちゃん

 

№3 プードルの赤ちゃん

 

№4 こびと

 

№5 どうでもいいじゃん そんなこと・・・・

はいっ

 

そこまで~~~~ぇ

こ~~た~え~はぁ~~

5番のどうでもいいじゃんそんなこと

 

ではなくて  3番のプードルの赤ちゃんでした~~~~

 

我が家の可愛いソララマルクスの赤ちゃんの時の写真でした~~~~キラキラ

ではこの可愛い赤ちゃんが どう育っていったのでしょうか音符

 

それは

 

また後のお楽しみっいいねぇ~

こんな天気じゃ洗濯物が乾かないとと~~~ってもブルーな気持ちの

宏実先生がお伝えしました

 

 

最新の記事一覧

皆さん、マイクロチップについてはご存知ですか?

マイクロチップは事故にあった犬や迷子の時、どうぶつの身元を確認してくれますわぁお

 

でも、本当の目的はどうぶつを捨てる飼い主を減らすこと(心理的抑制)です。

 

マイクロチップを入れる動物が増えれば、捨てても保護して返されるので、

飼い主には最後まで面倒を見る責任が、より明確になるのです。

アニコムが発表した「家庭どうぶつ白書2012」によると

 

全国マイクロチップの装着率(アニコム加入者)は

 

第一位 福岡県32%!

 

相変わらず、すごいですねぇ。

そして、、わが静岡県は、、、7.7エ!

、、、、えっ?

 

後から数えたほうが早い順位ウキャー!

 

取り扱い病院は多いはずなのに、なんででしょう、、、、顔

浜松家畜病院は昨年末から来院したすべてのワンちゃんネコちゃんに

無料でおーっ!おーっ!おーっ!

マイクロチップを入れるキャンペーンを行っています。

ご希望の方は是非ご来院ください。

 

キャンペーンは先着10名まで。別途登録料1000円がかかります

捨て犬・迷い犬を防ぐために、胸を張って言いませんか?

 

「マイクロチップ入ってます!」

 

MC装着について興味はあるけど、ちょっと怖いかな?

と思ったら宏実先生のブログ

 

をご覧下さい(関係ない話が多いけどeh!!

 

ここだけの話、

マイクロチップ(MC)の普及は環境省の管轄で

 

狂犬病予防注射は厚生省
獣医師法は農水省
この辺の行政が一致協力して法整備すれば普及率は格段に上がると思うんだけどお願い

 

最新の記事一覧

去勢手術は、♂青男の子の精巣を摘出する手術です。

 

手術は麻酔をかけて精巣付近の皮膚を切開して行います。

去勢手術を行うと男性ホルモンの分泌が減って、男性ホルモンに関連して起こる病気や

行動を抑えることができます。

 

【去勢手術の時期】
ワンちゃん・ネコちゃんの場合、個体差はありますが、

通常生後6-10ヶ月で性成熟を迎えるといわれています。

そのため、海外では6ケ月齢以下での手術が推奨されています。

日本では多くの動物病院が6か月齢での去勢手術をお勧めします。

この時期は乳歯が抜けて永久歯に生え変わる時期でもありますので、

手術のついでにチェックしてもらうとよいでしょう。

 

手術は全身麻酔をかけて行うため、ワンちゃん・ネコちゃんの体調が良好カスパー103なときに行ないましょう。

また、手術後のケアや抜糸までの通院などがあるため、飼い主様も余裕をもって

手術に臨むことが必要となります。

手術時期については、ワンちゃん・ネコちゃんの体調や個々の成長の程度なども大きく関わってくるので、

検診をかねて一度、ご相談ください。

去勢手術については一般的に次のようなメリットとデメリットがあるといわれています。
【去勢手術のメリット】

・放浪やケンカなどの行動を抑える

・マーキングやマウンティングの改善

※行動の問題は全てのどうぶつで改善するとは限りません、飼主様が行うしつけが最善の治療です。

・肛門周囲腺腫という腫瘍の発生率を低下させる

・前立腺の病気(前立腺肥大など)の発生率を低下させる

・会陰ヘルニアを予防できる

・精巣腫瘍を予防できる

 

【去勢手術のデメリット】

・全身麻酔のリスク

・避妊手術後は手術前よりも代謝エネルギー量が減るため、肥満になりやすい

 

ただし、・・・

全身麻酔に関しては、術前の検査や検診を行なうこと!

肥満に関しては、手術後に食事の量を調節していただくこと!

適度な運動を続けること!で、リスクが軽減できます。

 

手術の模様はこちら  → 

 

宏実先生今回も関係ない話満載でお送りしていますにっしっし

 

最新の記事一覧

 

フタトゲチマダニ

食事中だぞ~~~~ こらぁ~~~~ はいちまったじゃね~~~かぁ

 

な~て聞こえてきそうなこの写真

最近クローズアップされている 虫なんですが

 

なんだと思います?

こたえは ダニ です

見たことのある方もいらっしゃるかもしれませんが

 

 

コチラのこの方 正式なお名前は 「フタトゲチマダニ」

 

と申します

 

そういえば初めてこの名前を知ったとき

 

あれはまだ私が大学生のころ・・・・

ん~~~~~~~ いい時代だったなぁ

 

武信院長先生も 今より15キロは痩せていて

バンドマンで 髪ももじゃもじゃで

 

会長の永友先生も髪が ふさふさで・・・・

光子先生は 変わらないかな

 

そして森下先生も 私もきっとはちきれんばかりにお肌がピカピカだったあの頃・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・って 今回も前置きが長くなるところでした・・・・・

 

このフタトゲチマダニって名前を覚えるのに 何度舌を噛んだことか

 

この普段では、あ~~~~~マダニね 駆虫しておきましょうね

(もちろん今までも怖い伝染病の媒介者ではあったんですけどね)

なんて言ってるこの方

 

今回やってくれました

 

名前も殺人ダニなんて本当に恐ろしい名前になってしまって

 

このダニについてはコチラ→ http://www.merialclub.jp/nomi_madani/index6.html

フロントラインの会社さんが詳しく書いてくれているので参考にしてくださいね

 

今回の殺人ダニ

「重症熱性血小板減少症候群(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome:SFTS)」

吐き気、高熱、倦怠感などの風邪のような症状を呈し、その後歯茎の出血、

多臓器不全をおこし死に至ります。

2010年8月の中国での調査結果では750人以上が感染、35人以上が死亡と本当に恐ろしい感染症です。

治療法もないので、まずはダニに噛まれない事

これが大変重要な事だと感じます

これから春になりだんだん暖かくなるとダニも活発に動き回ります

しっかりとダニ、ノミの予防をしましょうね