静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

ニュース&トピックス

最新の記事一覧

5月14日(木) 午後

院内セミナーの為休診になります

 

御迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします

最新の記事一覧

なんだか、湿気が多くてジメジメした日が続いておりますなぁ~

 

 

そんな天気もふっとばせ―

 

 

パピーパーティーPAーーーーーーーーーーRT セブンセブンセブン

(ウルトラマンセブンのテーマ)(笑)

 

 

どーも浜松家畜病院ドッグトレーナーの松島です

 

 

先日、4月4日(土)に開催しましたパピーパーティーの様子をお送りしたいと思います

 

 

今回のフレッシュなニューフェイスは、3頭でしたぁ

 

 

もちろん、その他にも前回、前々回と続けて参加して頂いているワンコ達も含めて

 

 

合計10頭のワンコ達が集まってくれました  皆さん本当にお忙しい中有難うございました

 

 

それでは、ご紹介していきましょう ニューフェイス達で~す

 

 

P1290190

ヨークシャテリアのモモちゃ~ん

 

 

 

P1290122

トイプードルのニコちゃ~ん

 

 

 

P1290120

ゴールデンレトリバーのノアちゃ~ん

 

 

 

今回は、女の子ばかりのニューフェイスでしたねぇ・・・・もしかして、パピーパーティーにも

女子力の波が(笑)

 

 

 

 

さてさて、いよいよパピーパーティーが始まりそうですが、そのまえに

 

 

 

今回は、浜松家畜病院に併設しております浜松トリミング専門学院の教師でありトリマ―の藤原さんから

IMG_5351

飼い主さんへ仔犬の正しいシャンプーの仕方から、ブラッシングのやり方等(カットの手前まで)の

 

 

 

日頃のお手入れを学べる体験型セミナー浜松トリミング専門学院では行っておりますので

 

 

 

正しいお手入れのやり方を学びたいという飼い主さんは是非参加してほしいとお知らせがありました

 

 

 

以前、仔犬のシャンプートレーニングについて、募集をしておりますとブログで紹介しましたが

 

 

 

シャンプートレーニングは、犬にシャンプーは嫌なものではないんだよと教えるトレーニングを

 

 

 

ドッグトレーナーとトリマーが行い、飼い主さんは立会いで観て頂き説明を聞く内容なのですが

 

 

 

今回のセミナーは、飼い主さんに直接トリマーが指導して実際に体験して頂き

 

 

 

自宅でご自身で正しいお手入れ出来るように学べる内容となっております。

 

 

 

次に、わたくしドッグトレーナーの松島から、肛門腺と肛門嚢についての説明をさせて頂きました

P1290138

実は、意外と知らない人が多い肛門腺の存在なのですが、なぜ知られていないのか・・・

 

 

 

それは、ペットショップにトリミングに出した時にトリマーがシャンプーをしながら

 

 

 

絞り出しているからなのです(結構クサイので・・・)

 

 

 

よく犬同士が、お尻の臭いを嗅ぎ合っているのを見ることがありますよね

 

 

 

あれは、お互いの肛門嚢の臭いで相手の情報を探っているんですね

 

 

 

正常な肛門嚢は、液体なのでピュッてな感じで出るので、自分で出している犬もいるのですが、

 

 

 

主食のドッグフードよりも、オヤツばかり多くあげていたり、人の食べ物を与えていたりすると、

 

 

 

液体ではなくて、煉り状の肛門嚢になってしまい、自分では出せなくなって

 

 

 

飼い主が気付かなければ爆ぜてしまって肛門の横にもうひとつ穴が開いてしまい

 

 

 

手術で塞がなければならない事になってしまうのです・・・・・こわっ

 

 

 

そうならない様に、日頃から食生活に気をつけて下さいとお話しさせていただきました。

 

 

 

参加者の皆様、ご清聴有難うございました

 

 

 

さてさて、お話が長くなってしまいましたが

 

 

 

そろそろ、パピーパーティーの様子を見てみましょ―

 

 

 

まずは、ホールディングからですな

 

 

 

P1290194

 

前回も参加してくれたトイプードルのマックスく~ん  リラックスしすぎて眠そ~(笑)

 

 

 

 

P1290191

 

同じく前回も参加してくれたトイプードルのアンジュちゃ~ん

シャンプーカット仕立てで、カメラ目線  カワゆす

 

 

 

P1290197

 

同じく前回も参加してくれたペキニーズとポメラニアンのミックスのふわりく~ん

なんか余裕すら感じられますなぁ~

 

 

 

 

P1290196

 

そして、ニューフェイスのゴールデンレトリバーの、のあちゃ~ん

初めてと思えない位に落ち着いてますねぇ~

 

 

 

 

次に、ふれあいタ~イム

 

 

 

 

P1290183

 

おやおや  ニコちゃんに前回も参加してくれたシュナウザーのムートくんが急接近

 

 

 

 

「君はだれ?」と言っているようで、ニコちゃんも「よろしくお願いします」とちょっとびっくりしながら

 

 

 

 

頑張ってムートくんの挨拶行動を受け入れていました ニコちゃんナイスファイト

 

 

 

 

おやおやこちらでは・・・・・

 

 

 

P1290186

 

ふわりくんとアンジュちゃんがチュッ   キャー  ラブラブ

 

 

 

 

一方、その頃こちらでは・・・・

 

 

 

P1290179

 

またまた、ムート先輩の新人チェックが、始まってました

 

 

 

「おー君が、のあくんか、ヨロシクな」 「はい、ヨロシクっす先輩」と聞こえてきそうな光景でした(笑)

 

 

 

後半は、浜松家畜病院副院長の武信宏実先生より、

無添加の手作りトリーツの紹介がありました

 

 

 

P1290202

 

無添加なので身体に良いし、ご褒美として与えるのに適したちょうど良い大きさに作られているので

 

 

 

オススメですし、味も、納豆ビッツ   レバービッツ  ケルプ&魚粉の3種類があります。

 

 

 

ためしに、私も食べてみましたが、思ったよりも味がしっかりしていて、美味しかったです

 

 

 

 

どうせ、しつけのご褒美をあげるなら、身体に良いものをあげたいですよね

 

 

 

 

興味のある方は、浜松家畜病院または、

アニマル&ヒューマンヒーリングサロン  Melinda(メリンダ)さんまでお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

さてさて、そろそろパピーパーティー終了のお時間が近づいてきました

 

 

 

今回の最終ショットは、この1枚

 

P1290154

 

椅子の下から、カメラ目線をくれたトイプードルのアンジュちゃん

 

ウキャーマジで、カワユすぎますぅ~

 

 

 

次回のパピーパーティーは、 5月23日(土) の午後13:00~14:00です。

 

興味のある方で、4ヶ月齢までの仔犬を飼っていらっしゃる方は、浜松家畜病院までお問い合わせ下さい。

 

まだまだ、受け付けておりますよ~

 

 

それでは ドッグトレーナーの松島がお送りしました~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新の記事一覧

4月1日から新しく獣医師が加わりました

 

竹田先生ですどうぞよろしくおねがいします

IMG_6192

 

ここで竹田先生から一言

「太く長く頑張りたいと思います

実は犬派ですが猫も大好きです

(でもホントはミニブタびいき

宜しくお願いします

 

若い力で、病院もフレッシュな雰囲気です

 

それに伴い獣医師のシフトが変更になっています

ご来院の際はホームページをご確認いただくか、電話でお問い合わせ下さい

 

最新の記事一覧

桜の季節になりましたぁ~ 暖かくなってきましたねぇ~

 

 

 

 

というわけで恒例のパピーパーティーPART6です

 

 

 

 

今回もニューフェイスのワンコ達が、参加してくれましたぁ

 

 

 

 

それでは、紹介していきますね

 

 

 

 

 

IMG_5818

ポメラニアンとペキニーズのミックス犬のふわりく~ん

 

 

 

IMG_5825

トイプードルのアンジュちゃ~ん

 

 

 

IMG_5840

ミニチュアシュナウザーのセバスく~ん

 

 

 

 IMG_5821

 トイプードルのマックスく~ん

 

 

以上がニューフェイスのワンコ達でしたぁ~   ん~フレッシュフレッシュ

 

 

 

 

前回も参加してくれたワンコ達も含めて今回の参加は、11頭でしたぁ

 

 

 

 

さてさて、ワンコ達仲良くなれるかな?    様子を見てみましょう

 

 

 

IMG_5937

 

おおおおおおおおお  皆さん、見てください  この奇跡のスリーショット

 

 

 

向かって左からアンジュちゃん、マックスくん、ムートくん仲良く連なっておりますぅ~(笑)

 

 

 

お次はぁ~

 

 

 

IMG_5859

 

前回も参加してくれたラブラドールのエレノアくんに同じく前回の参加犬

 

トイプードルのエルくんが近づくと

 

エレノアくんの飼い主さんが、「フセ」「マテ」と号令を出して待たせました

 

エレノアくんが、エルくんよりも大きいので、遊んでるつもりで怪我をさせたらいけないと

 

気を使ってエレノアくんに、やさしく興奮せずに接してあげなさいとフセをさせたんですね

 

 

 

ちなみに、エレノアくんは、わたくしトレーナーの松島のしつけ教室に、毎週通っていただき

 

飼い主が椅子に座っている時は足元でフセ出来るようになったんです

 

 

 

おやおや こちらでは・・・・

 

 

 

IMG_5844

 

 

アンジュちゃんとムートくんが、ラブラブ モード突入キャー

 

アンジュちゃんも只今、しつけ教室でお勉強の真っ最中であります

 

ムートくんも上手にご挨拶できてますね

 

 

 

さてさて後半は、飼い主さんのお勉強の時間です

IMG_6015

みなさん、マイクロチップってご存知ですか?

 

マイクロチップとは犬の認識票みたいなもので、1㎝ほどの大きさのチップに番号が入力されており、

 

それを、犬の首の後ろ辺りに専用の器具で埋め込みます。 一瞬ですので、それほど痛みはありません。

 

専用の読み取り機で首の後ろに近づけてボタンを押すとその番号を読み取り、飼い主は誰なのか判明するという優れものです

 

 

 

どんな時に、役に立つのか武信副院長よりお話がありました。

IMG_6011

 

たとえば、迷子になって保護された時に、どこの犬だろうと調べる手立てになるし、

 

突然、愛犬が盗まれ、犯人に自分の犬だと主張された際に、証明として役に立つし、

 

災害時に、離れ離れになった時にも、もどってくる確率がグンと上がりますとの事でした。

 

 

うんうんなるほど・・・・

 

 

たしかに、静岡県は東海大地震がいつ来てもおかしくないと言われ続けていますし、来てからでは遅いですしね。

 

 

そういえば先日、浜松家畜病院でもマイクロチップが活躍した事があったのです

 

 

ヨークシャテリアが保護されて、読み取り機で飼い主が判明したまでは、良かったのですが・・・・・

 

 

何度連絡しても、電話にも出てくれず、引き取る気がまるでないようにしか思えないのです

 

 

結局、保護した人が引き取ることになり、現在手続きが終わるまで、一時的に保健所に預けられている状況なのです・・・かわそうですよね

 

 

でも、その犬にとっては、そんな飼い主のそばにいるより、保護した人のそばにいる方が幸せですよね

 

 

さてさて、そろそろパピーパーティーも終わりの時間が近づいてきました

 

 

次回のパピーパーティーは、4月4日(土)の13:00~14:00     5月23日(土)の13:00~14:00

4月の参加は、締め切りになってしまいましたが、5月の参加者は、募集しておりますので興味のある方は浜松家畜病院までお問い合わせください

 

 

最後にマックスくんとランちゃんのキュートな2ショットでお別れで~すトレーナーの松島がお送りしました

 

IMG_5928

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新の記事一覧

こんにちは。   またまたご無沙汰してしまいましたがーん

と!言い訳がましくなる前に

すみません ちゃんと先に謝っておきます

今回は本題へ 我が家のプーはK9ナチュラルを食べています

k9ナチュラル 

 

画像はお借りしました「k9ナチュラル」の画像検索結果

なんでK9ナチュラルかって??? 答えは簡単!!!

美味しそうだから!!!!

フードのあのカリカリ感 自分だったらあんまり美味しくなさそうという 獣医にあるまじき 犬の擬人化・・・ぁ

欠点は・・・手間がかかる事と 金額でしょうか???

気になる方は病院でも置いてありますので お声掛けください!!!

 

もっと語りたいフードの話は、なが~~くなってしまうので これはまたの機会に

 

隣の家の晩御飯並みに知りたい   隣の家の犬飯

人のご飯だって難しいのに

ワンコのご飯 奥が深いです

でも人にも(我が家の事も達にも)通じる事なので

しっかりと学びたい分野ですよね

 

 

特に酵素の話とか・・・・ こんなことなら、大学の頃もっと分子生物学とか、栄養学とかもっと真剣に学んでおけばよかったと後悔しております

もちろん勉強しておけばよかったは他の教科

 

 

そんなわけ(どんなわけ)で

 

 

我が家の一員となったソルさん Gドゥードル 1歳 27キロ

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯の食べる量はプードル親子の 何日分???

我が家の家計は そう・・・・ 破たん 破たんですよ!!!

 

 

かといってフードの質を落とすのも・・・・

と悩んでいたその時

 

害獣であるシカが犬のご飯になるという事をしり、 取り寄せあげてみると

 

ソルさんには合うようで

 

 

 

そこから禁断の?生食の道へ

 

 

でも寄生虫やらウイルスやら心配なので 色々な先生にお話を聞き

 

安全な鹿を求めていた時

武信先生の実家で運命の猟師さんと知り合う事が出来ました

人用に卸している鹿肉を わけて頂けるとのこと

これで家計の破綻を心配しなくて済む!!!!

 

 

 

武信先生が今以上に痩せなくてすむぅ~~~~~!と

あ~~~長かった 本文に行く前にどれだけ~~~長いのと 喝を入れられそうな勢い

 

ソルさんのごはん事情

今は鹿肉だけだと栄養的に心もとないのと

生食の第一人者の先生が 内臓も一緒にとの考えから

k9のトライプを混ぜたものをあげています

 

 

 

 

ソルのための鹿さがしをするうちに

鹿が今置かれている状況や

それを取り巻く環境をしり

自分のでその現場を見てみたいと

鹿の狩猟体験について調べてみると

あるではないか~~~~!!!!

 

 

 

 

 

鹿の狩猟体験

これは参加せねば!!と思い

行ってきました

岐阜県は群上市にある猪鹿庁←コチラ

 

 

このネーミングから、そしてこのロゴから なにやら只者ではない臭いがプンプン

 

 

 

 

え???私たちもですって???

 

 

確かに 命を助けるはずの獣医さん

それが狩猟ですって!!!!

ごもっともな意見ですが 獣医師とは 人と動物の健康に寄与するという獣医師の大きな本分があるのです!!!

 

 

動物のお医者さんはもちろんそれ以外の獣医師の仕事は、

食肉や公衆衛生、水質等々・・・・多岐にわたります

 

 

少し話はそれますが ここが

浜松家畜病院が昔ながらの名前を 引き継いだ由縁でもあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よろしければ こちらをご覧ください      

 

↓ ↓ ↓

 

浜松家畜病院の由来

 

さてさて 話をもとにもどして 鹿のお話

 

色々な検索サイトで 害獣と検索すると 出るは 出るは 鹿・イノシシの嵐

 

 

もともとは天敵であるオオカミの絶滅から

地球温暖化による気候の変化

猟師さんの高年齢化による減少

そして 何年か前に行われた メスの鹿を殺してはいけないという政策により

爆発的に増えてしまった鹿   その被害面積は・・・

 

 

 

主要な野生鳥獣による森林被害面積の推移(平成21~25年度) 

この爆発的に増えてしまった鹿が

木の皮を食べ

農作物を荒す・・・・

鹿も生きる為です

シカ被害(滋賀県01)

が・・・

その為山が砂漠化してしまう事もがーん

その被害を食い止めようと 各自治体で一生懸命策を考えているわけですが・・・・

静岡県毒で鹿を殺す??? ←コチラ

わが県静岡ではこのような策を発表し 色々な議論がされている最中です

ぜひ鹿が可哀そうとか そういった意見だけではなく

長期的にみて みなさんも考えて頂けたらなぁと思っています

今日は狩猟体験のお話という事なので

詳しくはまた今度

いったいいくつのまた今度が出るのでしょう・・・・

鹿の狩猟体験ですが

ここから先は ちょっと いわゆる 心臓の弱い方は見ないでくださいという感じになります

いいでしょうか

猪鹿庁での一日

 もちろん一緒に行ったのは シュヴァルツ家一家

image

上郷のサービスエリアで待ち合わせというのに

そのサービスエリアを見過ごすという  大失態

本当にこの先大丈夫???という幕開けからスタート

そして天気はもちろん

シュヴァ家の次兄がいるので雨

武信先生の晴れ男パワーも負けました

鹿の狩猟体験

もう猪鹿庁さんのブログでも紹介されていますので

内容はこちらをご覧ください

↓ ↓ ↓

猪鹿庁ブログ

武信先生も真剣な表情で写っています!!!

雪と雨の中   軽い自己紹介のあと   生まれて初めてのカンジキを履き

吹き矢と弓矢 そして鹿の生態を学びました

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あたったところは食べれなくなくなるので   首を狙うという事を教わります

 

これがなかなか難しい

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は鹿の足跡の追跡なのですが・・・・

 

私   寒さと   長男のぐずりピークにより   リタイア :cry:

 

 

子供たちの話では

この場所にも鹿や猪の糞があったとのこと

 

結構民家もある場所なので

 

びっくりしました

 

去年は熊の爪痕もあったそうです

 

 

本当に野生の動物達が

 

人里まで下りてきているのだと

 

実感

 

休憩をはさみ

 

今度は

 

朝罠にかかった子鹿の解体

 

 

みんなで黙とうをささげたから解体に取り掛かります

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用するナイフ

部位により使い分けるそうです

 

 

それから

 

こちらが

 

鹿

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

推定1歳の女の子で

 

体も冷たくなっているので

不思議と

 

可哀そうという感覚

私にはなかったです

 

でも長男は

 

動かないことが不思議なようで

 

「ママなんで動かないの???」としきりに聞いていました

 

「死んでしまったのよ」話すと

 

なぜか武信先生のせいに

 

「パパのばか!!!」といい

嫌な時にする行動

必殺

 

つばかけを

 

武信先生の頭に

 

武信先生可哀相

 

 

行動はともかく 彼なりに何か感じたのでしょう

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1歳なのに意外に大きい

 

肢を落とした後は

皮をはぐ作業

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮もはがされると

枝肉という感じがします

 

大学のころ

屠殺場へ行ったのですが

 

その時の方がショックが大きかったような

その時は生を奪う所から見学したからだと思います

 

可哀そうだけど

生がない?ような??

 

うまく言えませんが・・・・

 

 

ただ

 

なんとなく

 

人のエゴ?を感じてしまいます

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供たちも皮をはぐのをお手伝いしました

 

鳥取で死んでしまっている鹿を見ているので

全くの冷静な子供達

 

 

解体が進めば進むほど生の文字はなくなっていきました

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうこうなると

 

次の命を頂くという体験に

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前菜から始まる お酒も飲み放題の宴という体験に突入

 

 

仕事をした後のような ビールの美味しさと

 

それを引き立たせる

 

料理の数々

 

 

(ビールが主役????)

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にこの猪のジャーキー

 

すご~~~~~く美味しかったです

 

 

 

 

宴は進み

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牡丹鍋の登場

 

大学の時に後輩が持ってきてくれた

牡丹鍋

 

あの美味しさが忘れられなかったのですが

 

それに匹敵する美味しさ

 

 

お酒が進むにつれて

 

参加者の皆さんや猪鹿庁の皆さんとも打ち解け

 

楽しい時間を過ごしました

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日の天気は晴れ!!!!

 

 

朝食はこちら

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿のフライッシュケーゼ

 

ドイツに住んでいたシュヴァ母も絶賛の代物

 

お土産に購入

 

(しかし鹿の肢の皮をはいでもらってから、鹿というだけで全く受け付けない利作先生は嫌な顔)

 

 

 

その後は鹿の角を使ったクラフト

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わな体験

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソルさんも

捕まる勢いで遊びます

 

 

さすが

妹は災害救助犬

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然の中にいると お腹がすくのも早く

 

お昼のジビエBBQに

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏に伊豆を訪れた時にも感動した鹿肉のたたき

 

これは

 

本当に美味しい

 

 

害獣であるシカ

その鹿がなぜ害獣になったか

そして害獣になってしまいその数を調整しなければならないとき

 

山に住み

山の恩恵を受ける人たちが考えた

とりくみ

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この中の山で遊ぶ

 

これは大切だなと感じます

 

 

 

 

 

ここには書ききれない色々な事を考えた2日間

 

最後は参加者でディスカッション

 

子供達もしっかりと意見を述べます

 

大勢の大人に交じり

自分の意見を言えただけで

子供達には意味があったと 感じました

 

こちらの狩猟体験

裏の狩猟体験もあるようなので

次回は

そちらに参加したいと思っています

 

 

夏の作文に次女が書いた

 

命を頂く

 

 

学年末でその全文が帰ってきました

 

ちょっとコアな

 

次女のファンの為に

 

この文の紹介で今回の締めくくりを

 

と!その前に

 

私が一番感じたこと

 

美味しいお肉は食べたいけど

自分では動物は殺せない というのはいかがなものだろうと

 

殺せとは言わないけれど

 

現実には目を向けてほしい

 

そんなことを想いました

 

 

そしてそこに携わる人たちの事を少しでも考えてもらえると

獣医師としては嬉しいと感じます

(動物のお医者さんだけが獣医の仕事ではない?)

 

 

次女の作文

写真のアングルが下手で有名な私が撮っているので

そこは許してください!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image