静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

ニュース&トピックス

最新の記事一覧

こんにちは。獣医師の竹田です。

1年間の麻布大学専科研修を終え、早2ヶ月が経ちました。

これから、いくつか大学で得た(盗んだ?)いい診断・治療法を提供しようと思います。

よろしくお願いします。

 

さて、今回は、犬の脾臓腫瘤について紹介します。

犬の脾臓腫瘤は、今まで「2/3の法則」があると言われてました。

脾臓腫瘤のうち2/3は悪性腫瘍、その中でもまた2/3は極めて予後の悪い血管肉腫、という法則です。

つまり、犬の脾臓腫瘤が見つかった場合、予後が悪い病気である可能性が高いということを念頭に飼い主様と治療方針を決定していたのです。

予後が悪いのであれば治療はしないと考える方もいるであろうし、仮に治療すれば救えるワンちゃんも救えていなかったかもしれません。

 

しかし、最近、犬の脾臓腫瘤は約半分弱が悪性腫瘍であり、また悪性腫瘍のうち約半分くらいが血管肉腫という疫学データが報告されました。

日本の場合、「1/2の法則」の方がふさわしい、とのことです。

当院で治療した脾臓腫瘤も、悪性腫瘍より良性病変であったケースが多く、一致します。

良性病変であっても大きければ、いずれ腹腔内出血を起こし、命を落とす危険があり、そういうワンちゃん達に前向きに治療を勧められるデータです。

 

ここで症例を紹介します。

 ※一部手術写真があります。

 

症例:ミニチュアダックスフンド、13歳、去勢オス

IMG_9710

 

主訴:昨夜から嘔吐、食欲なし

エコー検査:わずかな腹腔内出血と複数の脾臓腫瘤(5cm大、1.5cm大)、肝臓は低エコー性に粗像を認めた

IM-0001-0003 IM-0001-0004 IM-0001-0001

 

x線検査:明らかな転移所見認めず

IM-0001-2002

 

血液検査:ALT:278U/L(10-125)、ALP:237U/L(23-212)

 

治療:緊急を有するため、脾臓摘出を行った

 

術中所見:大網が癒着しており、一部自壊した複数の脾臓腫瘤と、腫大した脾リンパ節、肝臓に複数の結節が認められた

3 4

 

7

 

病理組織診断:脾臓腫瘤は骨髄脂肪腫、リンパ節はヘモジデリン沈着、肝臓は結節性過形成

 

術中所見では、転移を有する悪性腫瘍が疑われたのですが、結果的に全て良性病変でした。ちなみに細胞診では、顆粒を有する独立円形細胞が多く認められ、稀ではあるが、肥満細胞腫も疑っていたのですが、結果的にヘモジデリン貪食マクロファージでした。

 

飼い主様にも良い報告ができ、ワンちゃんも元気に元の生活に戻ることができました!

 

以上、前向きに治療して助かった犬の脾臓腫瘤のお話でした。

最新の記事一覧

こんにちは。獣医師の竹田です。

 

最近となってはめったに見ない、フィラリア感染症のワンちゃんが見つかりました。

やはり予防歴はありません。

検査キットでは強陽性を示したので、心エコー検査を行いました。

肺動脈内に虫体は少数確認(イコールサイン)されたものの、狭窄所見(肺動脈弁での明らかな異常、心室中隔の扁平化、肺動脈拡張など)は見られませんでした。

IM-0001-0002 IM-0001-0003

 

本人は無症状かつ元気なので、とある論文を参考に内科治療を行うことになりました。

参考文献「Combined ivermectin and doxycycline treatment has microfilaricidal and adulticidal activity against Dirofilaria immitis in experimentally infected dogs」

引用「Treatment with ivermectin (IVM; 6 μg/kg per os weekly) combined with doxycycline (DOXY; 10 mg/kg/day orally from Weeks 0–6, 10–12, 16–18, 22–26 and 28–34) resulted in a significantly faster decrease of circulating microfilariae and higher adulticidal activity compared with either IVM or DOXY alone. 」

 

 

以前は、内科治療によって駆虫されたフィラリアの死体が肺動脈より先で塞栓し、命に関わる肺高血圧症や血栓症を引き起こすリスクがあると言われていましたが、上記の報告によれば治療は寛容的で、副作用も一切なかったみたいです。

 

やはりフィラリア予防をしていなければ感染してしまうリスクがあるということを肝に銘じた症例でした。

外に出なくても、フィラリアの宿主である蚊は寄ってきてしまいます。

フィラリアに限らず、ノミ、マダニの駆虫とワクチンでしっかり予防しましょう。

 

 

 

最新の記事一覧

お外で子猫ちゃんが拾われてきました!

とっても可愛く、元気に動き回る推定1,2か月齢の子猫ちゃん、女の子です。

今は風邪を引いており、しっかり治療中です。

家族として迎えたいという方は、浜松家畜病院にご連絡下さい。

よろしくお願いします。

IMG_3123 IMG_3124

最新の記事一覧

6月11日(日)浜松家畜病院にて

TAKUMA先生をお招きして

わんちゃんにストレッチを施術していただきます

ストレッチというと伸ばすイメージですが

TAKUMA先生の施術は無理に伸ばしたりしない

本当に優しい施術です

最初は緊張していたわんこたちが

だんだん気持ち良くなっていく様子がわかると思います

ごはんやお水も大事

皮膚被毛のケアも大事

運動することも大事

その上でもうワンランクアップして

筋肉や骨格を知って整えることも大事なんだなぁと

わんちゃんのことをもっとよく知る機会にもなると思います。

 

 

こんな子におすすめ

 

  • 運動不足気味な子
  • 歩き方に癖のある子
  • 吐きやすい子
  • お腹こわしやすい子
  • 高齢の子

 

 

わんちゃんの健康には食事だけでなく適度な運動が必要です。

運動していなければ、心身のバランスは崩れてしまいます。

ストレッチは運動になりますから、運動不足気味のわんちゃんはぜひ受けてみて下さい。

運動しているわんちゃんでも歩き方のクセ(引っ張り癖やオーバーリーチや斜め歩き)によってバランスを崩しますので

ストレッチでバランスを戻してあげることもとても良いことだと思います

 

もっと言えば飼い主さんの精神状態がペットたちの精神状態にも影響します。

TAKUMA先生は人のメディカルトレーナーでもあるので人の施術も出来ます。

ストレッチは自律神経も整えますので、飼い主さんのストレス緩和にもなると思います。

 

短時間のお試しのコースもありますので

少しでもご興味のある方はこの機会にぜひご参加ください。

飼い主さんのみでもやってもらえますよ!

 

コースのご紹介

  • わんこのお試しストレッチ15分 3000円 初回限定
  • わんこお試し+飼い主さん 6600円 初回限定
  • わんこのストレッチ 小型犬5900円 大型犬6900円
  • 飼い主さんのみ 4000円
  • わんこストレッチ+飼い主さん 9500円

 

参加者募集中です。

予約制になりますので、ご希望の方は浜松家畜病院までご連絡ください。

℡:053-452-4429

最新の記事一覧

毎年恒例

第5回どうぶつダイスキッズ

今年の夏休みも開催します

小学生を対象にした無料イベントになります。

動物大好きな子

獣医さんの仕事に興味がある子

夏休みの1日で動物病院のお仕事がたくさん体験出来るチャンスですよ。

内視鏡や歯石除去、お薬分包体験等

イロイロな内容でただ今計画中です。

詳しい日程はまた決まりしだいご連絡いたします。

只今、参加者募集中です。

対象  小学生
定員  20名(先着順)
参加費 無料

参加して頂いた方からは毎年大好評!!

大変人気のイベントになりますので興味のある方は早めにご予約下さい

ご予約は当院診察時間にお電話で受け付けています。

浜松家畜病院:℡ 053-452-4429

 

これまでのイベントの様子です

 

DSC_3736 DSC_3764 DSC_3765 DSC_3802 (2)