静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

症例紹介 院長のブログ

最新の記事一覧

犬の動脈管開存症(PDA)は代表的な先天性心疾患です。

子犬の胸に手や耳をあてて、ザラザラ言う異常音が感じられたら、この病気の可能性があります。

好発犬種はマルチーズ、ポメラニアン、トイプードルなどの小型犬です。

動脈管開存症の原因

正常な、胎生期の仔犬は肺呼吸をしていないため、

心臓から肺に送られた血液はバイパス血管を通じて、すぐに全身に向かいます。

このバイパス血管が動脈管です。

動脈管は生後3日以内に肺呼吸にともなって、退縮します。

しかし、ホルモン異常や酸素など、なんらかの影響により、

これが閉鎖せずに残ってしまったのが「動脈管開存症」という病気です。

動脈管が残存していると、

左心室から大動脈に送られた血液の一部が肺動脈に流れ込むことで、

肺から左心房に戻ってくる血液量が増加するため

左心房に多くの負担がかかってしまい、左心不全を起こしてしまいます。

また、肺の血圧は高くなるために血管が動脈硬化を起こし、

肺と右心系のうっ血を呈するようになり、右心不全も起こすようになります。

動脈管開存症の症状

初期ではほとんど症状を示さないため、

特徴的な雑音に気づかなければ発見が遅れることがあります。

やがて、成長とともに咳や疲れやすい等、心不全症状がみられるようになり、

うっ血性心不全や肺水腫、腹水などを呈するようになります。

個人差はあっても、多くの場合3歳までに亡くなってしまいます

動脈管開存症の診断

聴診、問診、触診の他、超音波検査とレントゲン検査で診断します。

動脈管開存症の治療

治療の方法には開胸外科手術とカテーテルによるコイル塞栓術があり、

体重と動脈管の形によってどの手術を適用するか決まります。

*このあと、症例の紹介に移ります。手術画像があるため、ご注意ください。

開胸外科手術

症例はチワワ3歳 メス

心雑音には気づいていたものの、本人に症状はなく元気いっぱいでした。

心臓の手術を行うことにためらいがあったため、

様子を見てしまったとのことでした。

超音波検査では異常血流が見られ、レントゲン検査では肥大した心臓が認められました。

これまで、相当な負担を心臓にかけてきた事を物語っています。

IMG_4936

がんばるぞ!

直ちに外科手術の用意が進められ、

大学病院で血管外科を手がけるS先生に、出張手術で執刀していただきました。

IMG_4965

術中モニタは慎重に

IMG_4956

動脈管に結紮糸をかけたところ

術中は血圧モニタを慎重に観察しながら動脈管の結紮を行います。

手術後の様子手術は無事成功!

2日目には元気に退院できました。

動脈管開存症と診断されたら、出来るだけ早期に手術を行うことが必要です。

よかったね手術が成功すれば、一生涯を健康に過ごすことが出来るのです