静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

院長のブログ

最新の記事一覧

先日、ビションフリーゼが「震える」と言うことで来院されました。

「部分発作」または「white shaker dog syndrome(白い犬の震え症候群)」の疑いで経過観察となったのですが、

調べていたら変わった病気を見つけました。

 

ビションフリーゼの不随意性運動障害

「どんな犬種にも起きる可能性がある病気「不随意性運動障害」だが、ビションフリーゼでの1例発表がある。症状は致命的とはいえないようだが、犬と飼い主にとって苦痛となるかもしれない。」とのこと。

アメリカのビションフリーゼクラブでは10頭以上の発症を把握しているようですが、この病気は非常にまれのようですから、

ひとまず、ビションフリーゼのオーナーさん、ご安心ください。dog_Bichon_Frise

ただし、ビションフリーゼクラブは大変熱心に遺伝学を研究をしているらしく、

下記の症状が見られたら、この病気を疑ってBFCA Health Committeeに情報が欲しいそうです。(代行はいたしかねます)

 

 

  • はじめは肘や膝(一本の足)の屈曲、または胸椎の屈曲「猫背」として発病
  • 肘や膝を強く屈曲したり、すばやい屈伸をする
  • しばしば顔半分のゆがみ
  • しばしば患肢の改善とともに、他の肢に発症
  • ぎこちない歩き方
  • 意識は正常である
  • すぐに改善して、後遺症はのこらない
  • この症状は1日のうち、10回のこともあれば、起きないこともある
  • 症状はリラックスしているときに起きるが、散歩など興奮時に起きることもある

 

なんだか、すごく「あいまい」な症状ですが、命に関わることはなさそうですDyskinesia in an adult BF

 

ただし・・・

脳の病気などの他の病気が潜んでいる可能性はあるので、

かかりつけ医や神経専門医に診察を受けるのが、お勧めですよ。