静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

2018年5月の記事一覧

最新の記事一覧

 

こんにちは、浜松家畜病院受付スタッフ石川です。

本日より、ねこブログをはじめたいと思います。

 

ねこブログでは、猫についてのことはもちろん、

猫の病気や予防、猫グッズや病院での新商品、そして

私の愛猫自慢(笑)等、猫の事なら何でも更新していこうと思います

 

早速ですが先日まで静岡市美術館で開催されていた

【いつだって猫展】にわたくし行ってまいりました

 

ねこてん

 

 

 

 

美術館の中は撮影禁止なのでお写真でお伝え出来ないのが残念なのですが…

 

でも、でもなんと言っても、むか~しむかしから、猫は人間に

とっても可愛いがられていた事がわかりました。

江戸時代から猫は人間の膝に乗って可愛がられていた様子が描かれていました。

 

また、猫が化け猫や魔物と呼ばれるようになった由来は静電気だそうですヨ

昔は電気などが無かったので暗がりで生活をしており

そんな中猫にふれた時にバチッっと静電気が光っておきたりしたことが

不思議がられていたそうで、魔物や化け猫と言われはじめたそうです。

 

そして昔はこのように猫の面をかぶり猫になりきって

お芝居をするのが流行っていたそうですよ( *´艸`)

ねこてん2

 

紙に猫を描き、カツラや着物を書いたものを重ねて猫の着せ替え人形をして遊んだりしていたそうです。

昔も今も遊び方はそう変わらないんだな~と実感しました。

昔と今の猫と人間関係が学べてとても良い経験ができました。

 

またねこブログ更新しますね(‘ω’)BYE~

 

最新の記事一覧

2018.5.22

お手入れ教室

こんにちは

DOG SALON LaLa  トリマーの千葉です。

 

IMG_1566

 

 

 

 

 

 

 

5月19日にお手入れ教室の前半を行いました。

 

今回は4組の方々に参加していただきました

まず最初にお手入れの大切さ、必要性

どうゆう事がお手入れなのかをお話しさせていただきました

 

 

それからお家でも出来る簡単な健康チェックを一緒に行いました

まずは膝の上にワンちゃんをゴロンと寝かせて

顏、耳、手足、体を触って

嫌がらずに触らせてくれるかどうか、汚れていないかどうか

傷や異常はないかどうかを順番にチェックしました

 

 

どうゆうところを気にしてあげるのか、どうゆう状態だと病院に行った方がいいのか

 

 

良い子に触らせてくれる子もいれば嫌がって暴れちゃう子も

オヤツなどを使いながらやると嫌がらず触らせてくれます

 

 

最後に一緒にブラッシングを行いました

お家で使っている道具を持って来ていただいて

持ち方、ブラシのかけ方、力加減、やってはいけない事

 

 

ただブラッシングをするだけじゃなくて

気を付けるポイント、嫌がる子はどうしたらいいのかなど

説明させていただきました

 

 

ブラッシングは簡単そうに見えてやってみると大変だったりします

良い子でおとなしくやらせてくれる子ばかりではありません

嫌がって暴れたり噛んでこようとする子も・・・

子犬の頃から少しずつ練習して好きになってもらう事が大切です

 

 

次回は5月26日土曜日に後半が行なわれます

ブラッシングのおさらい、爪・耳のお手入れ方法など

もう少し詳しくやるので楽しみにしていてください

 

最新の記事一覧

こんにちは

浜松家畜病院では

パピークラスを開催しています

 

第2回目の今日は身体を触る練習からやっていただきました

 

チョコちゃん

IMG_1902

 

 

 

 

 

 

 

コテツちゃん

IMG_1904

 

 

 

 

 

 

 

マカナちゃん

IMG_1905

 

 

 

 

 

 

 

マロンちゃん

IMG_1908

 

 

 

 

 

 

 

ルナちゃん

IMG_1909

 

 

 

 

 

 

 

飼い主さんの身体の上で静かに抱っこさせてくれるように

触られるのが苦手な前後肢、お耳、お口、お尻周りなどを触らせてくれるように

おやつを使って

「身体を静かに触らせてくれると、良い事があるんだよ」というのを教えていきます。

 

その他にもワンちゃん同士で上手にご挨拶できるように

IMG_1918

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1913

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1912

 

 

 

 

 

 

 

飼い主さん以外の知らない人とも上手にご挨拶できるように

IMG_1920

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1921

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1919

 

 

 

 

 

 

 

皆で楽しく学んでいきます

 

 

後半はしつけ教室らしくトレーニングもやっていきます。

 

まずは「ハンドターゲット」です。
IMG_1923

 

 

 

 

 

 

 

「手」をターゲットとして

ワンちゃんが「鼻タッチ」できるように

教えていきます。

これを教えてもらうとリードをグイグイ引っ張ったりしなくても

ワンちゃんの身体を誘導しやすくなります

その他にも「アイコンタクト」や「オスワリ」などの教え方も学んでいただきました。

 

来週もクレートトレーニングなど

どんどんしつけを進めていきますよ~

 

 

次のクールのパピークラスは

6月9日(土)14時~1時間程度行います。

毎週土曜日 全4回のコースになります。

6月9日、16日、23日、30日に開催いたします。

ご興味のある方はスタッフまでお問い合わせください。

浜松家畜病院  ℡:053-452-4429

ドッグギャラリー    ℡:053-416-1122

 

 

 

 

 

最新の記事一覧

 

こんにちは

 

5月12日にパピーパーティーを行いました!!

 

 

参加してくれたわんちゃんをご紹介します

 

トイ・プードルのこてつくん

IMG_1748

 

 

 

 

 

 

 

柴犬のココちゃん

IMG_1750

 

 

 

 

 

 

 

 

トイ・プードルのケリーちゃん

IMG_1759

 

 

 

 

 

 

 

 

スタンダード・プードルのノヴァくん・ソフィくん

IMG_1762

IMG_1764

 

 

 

 

 

 

 

ボーダー・コリーのビビアンちゃん

IMG_3058

 

 

 

 

 

 

 

ポメラニアンのユズちゃん

IMG_1755 (1)

 

 

 

 

 

 

初めは鈴木先生のお話しです!

先生が子犬の時期に大切な事、やっておく必要がある事をお話しして頂きました

 

IMG_1774

 

 

 

 

 

 

 

子犬の時期にやっておくことはたくさんあります。

この時期を逃すと大きくなってから大変です

子犬の時からたくさんのことを体験させてあげましょう

 

 

次はソルちゃんのデモンストレーション

 

IMG_1785

 

 

 

 

 

 

手の合図と言葉の合図と両方しっかり覚えてます。

バイリンガルなソルちゃん

今回もみんなのお手本上手にできました!!

 

 

次はワンちゃんとご挨拶の練習です。

IMG_1799

 

 

 

 

 

 

IMG_1802

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1808

 

 

 

 

 

 

 

 

身体を触られるのは良い事なんだよ~というのもお勉強していきます。

IMG_1825

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1819

 

 

 

 

 

 

 

 

何回も参加してくれているビビアンちゃんはまったりくつろいでくれています。

落ち着きがでてきましたね

IMG_1775

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回のパピーパーティーは

6月2日(土)12:30~1時間程度行います。

子犬を迎えた方はぜひご参加くださいね

 

最新の記事一覧

 

皆さん、こんにちは。

浜松家畜病院受付スタッフ石川です

 

な、な、なんと

浜松家畜病院がCFC(キャットフレンドリークリニック)

【ゴールド】に認定されましたぱちぱちぱち

 

むむ❓キャットフレンドリークリニックとは何だ…?”(-””-)”

と思われている方もご安心を :-P 

きちんとご説明いたします。

 

《キャットフレンドリークリニックとは?》

キャットフレンドリークリニック(CFC)は、ISFMが提唱する猫に優しい病院の条件を満たした動物病院に認定される称号です。

キャットフレンドリークリニックとは50年以上の歴史がある猫のチャリティ団体です。

CFC認定にはかなり細かい条件が組み込まれていますが、主な条件は以下の通りです。

 

  • 猫が安心して待てる待合:犬猫別の待合室・キャリーバッグをベンチの上に置ける・猫の目隠しが置いてあるなど
  • 猫の入院室が充実:十分な大きさの入院ケージ・猫が安心して入院できる工夫(タオルや高い場所に乗れるなど)・感染症の猫を隔離できるなど
  • 設備のそろった手術室:手術中の生体モニターや滅菌など
  • スタッフ教育:年間○○時間以上のセミナーや自主学習など
  • 診察による猫の優しい扱い:タオルの使用など猫のストレスを最小限にする工夫
  • 診察室の充実:診察室でレントゲン画像が見られる・体温や血圧測定ができる・耳鏡や検眼鏡があるなど

IMG_0068 (1)

 

 

 

 

 

 

以上が主な要件であり、これらのすべてを満たす動物病院を、

ゴールド・シルバー・ブロンズの3段階で認定しております。

 

ゴールド・シルバー・ブロンズ併せて2018年現在、日本では113の動物病院が認定されています。

当院は2018年4月にゴールドを取得いたしました。(*‘∀‘)

 

当院では犬と猫は全く違う動物でそれぞれに配慮した診察、対応を心がけております。

今後も動物に優しい病院を目指していきますので、よろしくお願いいたします。

 

unnamed-2unnamed