静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

2017年8月の記事一覧

最新の記事一覧

マルチーズの仔産まれました

 

003

 

 

 

 

 

 

 

 

006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年8月9日生まれ

 

 

♂男の子1頭     ♀女の子2頭

 

 

※仔犬に会いたい方は予約が必要です。

興味のある方は下記までお問い合わせ下さい。

 

 

浜松家畜病院     ℡053-452-4429

 

 

最新の記事一覧

特別診察の日程のお知らせをいたします。

9月13日13時~循環器専門の先生の特別診察を行います。

診察はご予約制となりますので、
ご希望でしたら浜松家畜病院までご予約お問合せお願いいたします。

最新の記事一覧

こんにちは。夏季休暇についてお知らせいたします。

8月20日27日の日曜診察は休診です。

●獣医不在のお知らせ●

8月18日~23日まで永友先生は不在になります。

8月10日~20日まで森下先生は不在になります。

8月18日19日、竹田先生はドッグギャラリーでの診察です。

また8月23日~26日まで竹田先生は不在になります。

ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

最新の記事一覧

こんにちは。獣医師の竹田です。

今回は、犬の前立腺腫瘍について紹介します。

 

前立腺にできる悪性腫瘍は、移行上皮癌や腺癌があります。

犬での挙動は、局所浸潤性と転移性が強く、尿道を経由した周囲組織への浸潤、また局所のリンパ節や肺、体軸骨格への転移も高率に起きてしまいます。

現在、これといった根治を目指す治療法はなく、緩和的に治療することがほとんどですが、最近興味深い報告がなされました。

 

「BRAF Mutations in canine cancers」

犬の前立腺癌と移行上皮癌は、とある遺伝子(BRAF)変異が高率に起きているという内容です。ちなみに正常細胞では一切、変異は認められないようです。

この報告によって、BRAF変異が認められれば、腫瘍(移行上皮癌または前立腺癌)であることは確定的で、採尿した尿沈渣で可能であると、低侵襲にかつ簡単に診断できるようになりました。

また、膀胱腫瘍のBRAF変異が人と犬で同様であることもわかり、BRAF変異と悪性転換との関連が示唆されました。

 

個人的な見解ですが、同様の遺伝子変異であれば、抗がん剤感受性も同様である可能性があります。

 

ここで、症例を紹介します。

症例:ヨーキー、11歳、去勢オス、4.4kg

主訴:便のしぶり、排便障害

エコー検査:前立腺の不整な腫大と石灰化、領域リンパ節腫大なし

unnamed

X線検査:前立腺領域の石灰化と腫大、直腸の背側変位、肺や骨など転移所見なし

IM-0001-2002

尿沈渣の細胞診:悪性上皮系腫瘍を疑う(大小不同の核、NC比の増大、2核の細胞など)

P1120401

尿沈渣のBRAF変異:陽性

 

診断:前立腺に発生した移行上皮癌または腺癌

本来であれば、移行上皮癌と腺癌の区別を、病理組織診断によって行いたいのですが、生検時の腫瘍の播種、麻酔、開腹などデメリットがメリットを大きく上回るため、あまり行われないのが現状です。

治療:化学療法(ゲムシタビン+カルボプラチン+cox2阻害薬+マロピタント+デキサメタゾン+輸液)

緩和的放射線療法も有効ですが、高価で遠距離であることから選択肢から外れました。

また、前立腺の外科切除は、獣医療では高い合併症率の割に良くもない治療成績のため、あまり積極的には行われないのが現状です。

 

参考文献:Combined gemcitabine and carboplatin therapy for carcinomas in dogs

要約:3週毎、ゲムシタビン2mg/kg day1,8、カルボプラチン10mg/kg day1、転移のある前立腺癌のみ完全寛解(104日)、骨髄毒性や消化器毒性は寛容的

 

人の膀胱腫瘍の抗がん剤治療の中では、ゲムシタビンとシスプラチンによるGC療法が最も有効とされており、やや緩和的な代替レジメンとしてゲムシタビン+カルボプラチン療法があるようです。(3週毎 ゲムシタビン1000mg/m2 day1,8 カルボプラチンAUC4.5 day1  デキサメタゾン アプレピタント 輸液)

 

現在、治療中のわんちゃんは、排便障害などの症状はなくなり、腫瘍も部分寛解しております。

今後もQOLの維持・向上を目指し、よりよい治療を続ける予定です。以上です。

最新の記事一覧

こんにちは。獣医師の竹田です。

今回は当院で初めて、犬の原発性上皮小体機能亢進症経皮的エタノール注入療法(PEIT)を行いましたので紹介したいと思います。

原発性上皮小体機能亢進症とは、上皮小体(副甲状腺)ホルモン(パラソルモン)過剰分泌によって、血中Ca濃度が上昇し、多飲多尿食欲低下腎結石膀胱結石などを引き起こします。

詳しくは、骨からCaを吸収、腎臓からCaの排泄抑制、小腸からCaの吸収促進によって、総じて血中Ca濃度を上昇させます。

c7be4ff4

診断は、血液検査、視診、触診、エコー検査等を行い、除外診断と腫大した上皮小体結節を確認します。

治療は、内科治療(輸液、プレドニン、フロセミド、カルシトニンなど)や外科治療(上皮小体を甲状腺ごと一括して切除)の他に、比較的新しい治療法として経皮的エタノール注入療法が加わりました。(下記参考文献と要約)

 

参考文献:Outcomes for dogs with primary hyperparathyroidism following treatment with percutaneous ultrasound-guided ethanol ablation of presumed functional parathyroid nodules27 cases (2008-2011)

(治療成績)

外科切除:3/4個まで摘出可能、奏功率94%、奏功期間中央値561日

経皮的エタノール注入法(PEIT):奏功率85%、奏功期間中央値540日、麻酔時間30分、必要であれば追加治療

(副作用)

外科切除:低Ca血症(40%)、発咳、出血、嚥下障害など

経皮的エタノール注入法:低Ca血症(22%)、鳴き声の変化、発咳、癒着

 

ここで症例を紹介します。

症例:M・ダックス、去勢オス、15歳、6.4kg

主訴:血尿、食欲不振、多飲多尿、ときどき元気消失

血液検査:Ca:16.9mg/dL(8-12mg/dL)、P:2.2mg/dL、intactPTH:7.9pg/mL(8.0-35pg/dL)、Alb:3.3mg/dL、ALT↑、ALP↑

エコー検査:右側甲状腺の頭側領域に腫大した上皮小体結節を認めた

IM-0001-0002

診断:膀胱結石(シュウ酸カルシウム、リン酸カルシウム)、原発性上皮小体機能亢進症

治療:内科治療を先行し、高Ca血症(14.0mg/dL前後)と食欲不振や元気消失を繰り返すため、PEITを行った

PEIT:全身麻酔時間20分、95%エタノール0.4mLを超音波ガイド下で経皮的に腫大した上皮小体結節に注入

術後経過として、低Ca血症(6mg/dL前後)を発症してしまい、Ca製剤の投与、ビタミンD製剤の経口投与を行いました。現在2ヶ月が経過し、Ca補充療法を漸減中ではあるが、一般状態は良好で、QOLは改善しました。

 

当院ではもう一頭、原発性上皮小体機能亢進症に対してPEITを実施しており、治療経過観察中です。

 

ちなみに、人の方でPEITは1990年代後半から行われており、術後の癒着が問題となったため、今では新たな治療法が導入され、減少傾向にあるみたいです。

具体的には、診断技術の進歩(上皮小体シンチなど)によって、腫大した上皮小体のみ摘出するのが主流であり、切除困難であればシナカルセット(カルシウム受容体の感受性増加によるPTH分泌抑制)内服、直接ビタミンD注入療法やエタノール注入療法は、外科切除やシナカルセットが不適応になった場合に限って行われるようです。

 

人の医療の進歩には圧倒されてしまいますが、人での良い治療法は、慎重に、前向きに獣医療への導入を模索していきたいですね。以上です。