静岡/浜松/動物病院/犬/猫/がん/アトピー/フィラリア予防/ワクチン/予防接種/健康診断

浜松家畜病院浜松家畜病院

家畜病院裏ブログ

最新の記事一覧

こんにちは。

先日、当院の患者様からお礼にと卵をたくさん頂きました。感謝です。

さて、いざ食してみようと割ったところ、なんと!

 

IMG_7704

 

双子卵!すごいラッキー

しかし、さらに驚くことに、

頂いた多くの卵が双子卵でした。

 

なぜそういうことが起こるのか、

とても興味深いので調べてみました。

双子卵を獣医学的に説明すると、

 

・卵を産み始めた産卵初期の若い鶏(5ヶ月齢ほど)は、複黄卵を産みやすい

→ 中には、3つ以上の複黄卵もある

・原因は、産卵に関わるホルモンの不安定な分泌

・食べることに関して、何の問題もない ← ここ大事 むしろ大きくてラッキー

・複黄卵の多くは、孵化しない

 

ということでした。

ギネスブックには、なんと9黄卵が登録されているそうですよ。

ちなみに初産から2ヶ月ほど経つと、産卵に関わるホルモン分泌が安定し、複黄卵は産まれなくなるそうです。

 

まとめると、双子卵の正体は、若い鶏のホルモン分泌が不安定になった結果、産まれる卵。

とは言っても、双子卵は全体の1%ほど!

確率的には、やっぱりラッキーと考えるべきでしょうね。

以上、獣医学の豆知識でした。